スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

オリカビ設定語りだよ もう擬人化だよ気をつけて!

先に目を通してくださってたらありがたいです↓
自宅オリカビ総まとめ / 世界観/用語解説
スペシャルサンクス 庭師さんのところの創作設定ページ(こちらも見ておくのをおすすめします)

ついったーのオリカビ語り、メモをそのままコピペして貼り付けただけの記事。
忘れる前に置いときますね_(:3 」∠)_
今は無き閉鎖空間的なアカウントの呟きを移動させたモノもあるので、ノリがイタいです。

これから絵を描くにつれのシチュエーション程度になるもので
本編を進めない限りなんの意味も無いでしょう

下品なホモの話やえぐいものは日常茶飯事です。
そして明らかな擬人化寄りです。オリカビというよりかは、ほぼ創作感覚です。
とても見づらいです。見てられないです。基本的にどろどろのホモです。
身内向け感や外部交流が露骨な部分があります。
閲覧の際、嫌悪感を持たれても自己責任でお願い致します
きっと矛盾もたくさんあります。頭がよくないので、全てにおいて自己満足です。誰か修整してえらい人
キャラクターで語りを分けているので急に話題が変わったりします
昔の話もそのままあるので同じ事言ってたりしても気にしないで下さい。
ビジュアルよりも先に設定から考える事もあるので、全然見ない名前とかあっても許してください。

非常に長ったらしいけど、それでも宜しければ、ゆっくりみていってね。

2013/08/21 作成
2014/06/29 語り追加(主にHOME終盤二世代あたり)
2015/02/15 語り追加(主にGIFTの終盤)
頭の青字で話し始めの目印をつけたり
赤字で新しい文章の追加を報告してます。(2015/02/15の日付のみ有り)
少しでも見やすくなってたらいいな…。
2015/12/25 語り追加(先生とか白ちゃんとか、GIFTの最期の最後)
↓ページ内ジャンプ
-HOME-
◇アイ空の馴れ初め
・アイ空語り
・夜魔・斬夜・フォルテ、ピアノ、レント、シャープ君周辺 他ジョカ藍とか直さんとか黄粉餅宿全体
◇ストーリーが進んだら
・もう1パターン
・なんちゃってノベルゲー語り
・HOMEの終わり

◇三年後のとあるアトリエで
-GIFT-
・アトリ周辺
・敵側組(先生・デゼッタ、メネジー、リリア、ツヅル、テオ)
◇GIFTの中盤と終わり
・テオと先生周辺 ※重たいです
・先生と空無さん
◇エリックとホリックと先生と白ちゃん
・先生の昔話

◇アイ空あたり

定が小4の頃からほぼ改変してなくてもうイタ過ぎてアレなのですが…、
空来とアイフォスは雫の世界という所出身です。ヨーロッパのような都会。
空来は5歳の頃に殺傷のような襲撃に巻き込まれます。刃物のようなもので、
腹部と右目を切りつけられる。反抗する際に、両手首も切りつけられる。

その時、遠く離れた闇の世界の姫、クロムの脱獄による逃走中に
動けなくなっている空来を見つけます。少し首都から離れた、病院へ連れて行かれます。
同じ襲撃に遭ったような男の子が、こちらをぎょっと見つめているような気がしましたが、
意識は遠のいていきます。

クロムは、闇の世界の姫という事もあり、5歳と空来と同い年ながら
この短い人生でさまざまな英才教育を受けてきました。
彼女は帽子についている虹色の宝石から、その色と同じ「コピー」された物を作ることが出来ます。
同じ者に斬りつけられ負傷を負ったであろう二人に、

…っと、アイフォスは左目を、空来は右目を負傷していました。
アイフォスは元々の目が青色だったので青の力を使って治すのを協力しましたが、
空来は元々、紫色の目でした。クロムはその頃魔力を上手く操れず、赤、黄、青の
3色のものしか作ることが出来ませんでした。仕方なく、彼に青を。

手術後、両親が居ない3人は特別に病院で5年間育てられます。
患者さんを元気づけたり、少しお手伝いしたり、看護婦さんに絵本を読んでもらったり、
文字の勉強をしたり。5歳からの5年は短いようでなんだか長いです。
幼少の頃の空来は、3人の中でも飛び切り明るい子でした。

笑顔が素敵で、暗いのは怖くて、少し寂しがり屋で。
病院で過ごしてる間にたくさんの色んな一面が見れて。
アイフォスは3人の中でも3つ上のお兄さん。
看護師さんと一緒に面倒を見ていて、恋心も芽生えていました。
それはすぐに自覚して、気づいたその日から意識してしまうのがちょっぴり。

怪我の痕も落ち着いてきた頃に、親が居ない子供、
親が忙しい子供を引き取ってくれる「黄粉餅宿」という施設が出来ました。
3人はこれからもその施設で過ごす事になります。
宿というよりかは、ホントに学校みたいな、そんなホテルみたいな。
建てた親の娘のラスカさんが管理をしています。

過ごしてくうちにどんどんいろんな人が住みに来ます。
アイフォスはしばらく旅にでていってしまって、帰ってきた時、
その左手には見たことも無い輝きの剣を握っていました。
その日から彼は元気で活発になって、皆を先導していくお兄さんになりました。
クロムは、相変わらず落ち着いている。

僕も頑張らなくちゃいけない。
アイフォスが大人になっていって、僕から少し離れていって、
僕は彼のように皆の居る前ではずっとお兄さんしてた。
笑ってた。先導していた。守ってた。
けどそれ以上に優しくされる事も 責任を背負ってくれる人も
本当は居ないんじゃないかと思ってしまって

空来もクロムも思春期です。互いに両思いなのを知りながら、もどかしい距離でした。
そんな季節の空来の誕生日。アイフォスの部屋に呼び出されます。
サプライズかな?と思っていたらキ【自己規制】。
今目の前に居るのは幼馴染でもあり親友です。空来が好きな子を彼は知っているはずです。

混乱した空来は口元を抑えて逃げ出します。は~は、どうすっかねこのバースデー。
それ以降空来はアイフォスを避けてしまいます。
今まで積み上げてきた信頼関係を取り壊すという行為とほぼ同然。
けれどそれは好意が暴走して止められなくて行為してしまったものなのです()アイフォスも18歳。

2月のアイフォスの誕生日。決断した空来はアイフォスの部屋にそっと入ります。
まず逃げ出した謝罪。今までアイフォスが自分をそんな目で見てたのに気づけなかった自分。
冗談だって笑い飛ばしたかったけど、目がマジだったんです。
「ごめんなさい。僕、もう決めたんだ」「…だ、だよな。」

「…します」「え?」「宜しく、お願いします」「う、うん??」
「僕と、付き合ってください」「( ゚ω゚ )」
ああ!?誕生日プレゼントはわ・た・し♡かぁ!?!爆発しろ!!!
クロムちゃんの気持ち。。ごめんね。きっとこんなにも愛してくれた気持ちが心に染みたのかな。

なによりも「男同士」という事で長い間くよくよ考えさせてみたい。
そこのところで悩んで欲しい。空来はきっと、守ってたし先導してたけど
そんな自分を守って先導してくれる愛情が欲しかったのかもしれない。
受け体質乙女心ですか…ハイ…すごく初々しいと思います。

アイ空が出来たのがもう4年前だけどね…
なので今描いてるアイ空はどのCPよりも慣れてる感がする。マジ夫婦。結婚四年目(
アイフォスの剣も一緒に描いてる絵、あると思います。
それに空来が作った勾玉のお守りをつけてあります。あときっと指輪も大切にしてる。んひいい

別名チート戦闘能力ップル。二人共くそ強い。
空来は片目青くなっちゃったけど、アイフォスとおそろいだね、って喜んでます。
後に空来の手首の傷以外(おなか)、久しぶりにまたあの病院に行って、治して貰います。
流石に不便だもんね。手首は、あの時の出来事を、出会いを忘れないように。

今のアイ空はアイフォスが馬鹿で活発でよく動いて、空来が落ち着き気味で優しいお兄さん。
幼少期の二人の性格が反転しちゃったみたいです。ク、クロムちゃんはまだ独身。。
空来はアイフォスの部屋で同居しています。二人とも料理や家事が出来る男子なので交代交代。
い、一緒のべっd



アイ空語り

来の性格が作ってからどんどん大人しくなっていってる
数年前ははっちゃけてましたね空来さん

目立つ可憐さに釣り合わない表情ばかりしていそう
空来には膨大な超能力の力をうまく操れなくて、人の心の声が聞こえてしまう時期がありまして。
そのせいで傷ついて自己主張をあまりしなくなって、大人しくなりました。

アイフォスが大人になって、僕から少し離れていって、
僕は彼の代わりになるように皆の居る前ではずっとお兄さんしてた。
笑ってた。先導していた。守ってた。けどそれ以上に優しくされる事も
責任を背負ってくれる人も愛してくれる人も居なかった。昔の空来はそんな人。

そんな時にアイフォスから愛されて、その少し後に夜魔やフォルテがやってきて。

クロムちゃんは微妙な立ち位置だった もしその前にクロムちゃんが攻めてたら
空来はちゃんと幸せになってたかも。
今、空来を歪ませてしまった原因はアイフォスにあると言っても過言ではありません

愛し方を間違えたわけじゃない。周りが悪かったわけでもない。
ただ、二人の世界を保てるほどお互いが強くなかった
泣きたいときには胸で泣いて、まいにちまいにちそんなのをくりかえして、
幸せはどこにあるのかなって

今のサザエさんワールドなアイ空はそんな感じ。
時を動かしてしまえば、そんなのは一気にぶち壊せるんだけどな

クロムちゃんに彼氏さんを与えてあげてください
うちの子で自給自足するのはあまりにも痛々しすぎる
「あんなの」を忘れさせるような一番いいのを頼む

空来のクズっぷりに爆笑しつつクズにさせてしまった自分のクズさに絶望
ああ、聖域なほどに綺麗で美しい性格にさせたかったよ、君だけは(告白)
年を重ねるたびに純粋を損なう そもそも私が純粋じゃないから純粋キャラ作れない
どんどん曇る曇る。
外面だけはいい、なんてね

フォルテは空来を可哀想な子だ、と見ているけど決して見下しては居ない。
ただ、君と僕は似ていると、手のひらを合わせるんだ
夜魔は、空来を尊敬している。たとえなんと言われようと、
今の空来も昔の空来も変わらないと思っている。純粋な目ではその変化が窺えないのだ
(正直こんなに自分自身が一番愛してきたアイ空が
とても薄っぺらくて悲しいものだと実感して胸が痛い)
未来で、幸せになろう
私はどんなアイ空でもおいし…おい死…ウッ

空来 もう今年で20歳かな おめでとう
ずっとサザエさんワールドなので15歳固定ですが
年齢が進まず止まっていることをサザエさんワールドと言っているのですがなんかアレ
サザエさんパロかと思って吹き出すな

@Note 清楚で美しいイメージが欲しい。空来は。いつまでも美人さんのままで居て欲しい。
私のミスで、精神や心は最悪になってしまったけどね。
@Note いつまでも私以外の誰かに愛されて欲しい。空来だけは。
それが私に一番よく、直接伝わるから。一番嬉しいから。愛してるよ

泣いてたら頭撫でたりぎゅっぎゅすること位しか出来なくてやるせない気持ちなアイフォスと
いっぱい慰めてくれてそのお礼をたっぷりしたい空来
アイフォスの方が精神面強いみたいな描写をよくする(そもそも空来視点が多い)けど、
アイフォスも弱いと思います。けど強い。空来が一番弱い。

闘の際の空来はきっとバク転したりくるくるしたりするんだろな
体力はないけど火力がすごいイメージ
きっと、軽々とぴょんぴょんできるだろう。ブーツのデザインもそんなの意識してる
アイフォスは魔力こそ0なものの剣自体がチートだからばっさばっさなぎ倒せるイメージ
走りが早くて、体力も力もそこそこあると思う。

アイフォスは空来と共闘したらなるべく血を見せずに気を使って戦ってくれそう
アイフォスのトラウマは硝子、空来のトラウマはグロいもの。
腹を切られてドクドクしてるのを子供の頃にされたらそりゃ
アイフォスの返り血をみて怯えてる空来…  「さあ、宿に帰ろう」
アイフォスは大切な人を守るためなら剣を振るう
幼馴染って設定を作って良かったなあ
3歳年上のアイフォスに呼び捨てする空来に地味にきゅんきゅんする

ここから新しめです

イフォスの紐を解くのはビキニのねーちゃんの紐をほどくのと
同じくらいハードルが高いと言われるという…
多分変態!!スケベ!!(?)とか罵られると思う。
球体にとっては装飾とかも服の一部だ!きっと!

擬人化でアイフォスの頭の何故かしっぽが3つあるハチマキ(?)を
ほどく事が出来るのはアイフォス自身と空来だけという
なんじゃこの夫婦っていういらない設定がある。
アイフォスが結びなおしたらまた何故かしっぽが3つ出てくる。
あと全体的に皆帽子とか、あんまり肌身離したくない。

来がアイフォスのとげとげしい口調を怖がって、
アイフォスが無理して一人称を僕にしたり優しい口調を心がけるような話を
大昔に考えてたなあ、みたいな事を思い出した。
結局アイフォスが折れていつも通りに。
空来さんが何故そんな事を怖がってたのか分からない。幼馴染だし

能力による魔力が暴発して人の心の中の声が聞こえてしまう事があってから
空来は今の性格?になったし暗いっちゃ暗いのだと思います。
最近の空来は儚くてなんか消えちゃいそうな感じ
今でもその能力は時々発動してしまうし
昔は未来を予測できる設定もあった気がする

「僕はいつも君から貰ってばかりだ」
「俺はいつもお前から奪ってばかりだ」

ここから新しめです(2015/02/15)
粉餅宿のみんなは自由にやりとりが出来る係員だけが持っている機械
(携帯のようなもの)を持ってるっていう設定あるけれど、
女児のおもちゃみたいなガラケーみたいな見た目のイメージだったけど、
今じゃスマホだなあ…って思って時の流れを感じているところ
あらかじめ皆の連絡先や情報が入ってる(だいぶ前から設定だけある)

イ空というcpが出来てから空来が一人部屋で暮らしているだけで
違和感あるので末期ですね
何故アイ空になったのかも 目覚めたのかも 分からねえ!思い出せねえ!
アイフォスってほんと昔はモブみたいなおりかびだったのに
主人公に格上げされやがって ウン年経った今でも彼が何者なのか分からない

擬人化アイフォスとか描いてると特にこの子はうちの子ではないのでは
みたいな感覚に至る 異質なんだろうなー
もう正直アイ空でハッスルしてた時代を思い出せないから
今は落ち着いた熟年夫婦みたいな扱いだけど
普通に痛いのとか監禁とか放置プレイとか、乗り越えてきてると思うよ空来さん。
昔のわたしの中の「アイフォス」がドSだったのですよ。
でも今は優しいから…みたいなのがまぜこぜになってややこしい。
その名残はあるのかな。

今のアイフォスは優しい!でもアイフォスはやっぱりサディスト!
みたいなのがせめぎ合った結果HOMEの二章のアイフォスは
闇堕ちして記憶ぶっ飛んで空来を酷に扱う訳だが。

大昔から、空来はずっと長生きしているイメージは無くてさ
大好きな人に最期まで愛されて逝きます

来は二十歳を超えた頃から日に日に体が少しずつ麻痺していく
最終的には要介護で全身麻痺
それでも彼は恋人に口付けを求めるようなおちゃめな人だった


◇夜魔・斬夜・フォルテ、ピアノ、レント、シャープ君周辺 他ジョカ藍とか直さんとか黄粉餅宿全体
なんかもう色々混じってます

@Note 紫の薔薇は存在しないんですね。けど、青の薔薇の花言葉は奇跡、神の祝福など。
#君はpの前に現れた奇跡的存在なのかな…。
ついでに赤は愛情、貞節、美など。黄色は嫉妬、恋に飽きた、別れましょうなど。

月音ちゃんは青からフォルテの赤に染まってきてるし、
シャープくんもピアノの青に染まってきた(悪い顔)
振るか振られるかして昔の人がつっかかるうちの子多すぎ

オリカビはめちゃくちゃフラグを張り巡らせて一人で遊んでたので、
ぼっちだから交流できるなんて思ってなかったからこのざまです(

ォルテの戦術は基本鎌みたいな刃物だけど、魔法も使える両刀で、
しかも属性に振り回されなくて、片目が赤いと炎の攻撃、青いと水の攻撃とか出来るから
結構チート
ピアノさんも同様かも フォルテは属性に左右されないので、
片目の色に紫色が揺らいでいるときは空来の超能力のように人の心を読んでいる。
近くなら居場所も分かる。チートだ。

フォルテは煽るのも人を虜にするのも遊ぶのも無残に殺すのも
本性が目覚めちゃって好きだけどピアノさんはマジ天使なので
そういう下心溢れるものはめちゃくちゃ奥にしまってるかも
けどフォルテ動物は好きなんですよ………
ピアノさんはやっぱりフォルテがつっかかってこいつを最大限に愛してやれないし
満たしてやれないって悔やんでる
どっちもメンタル豆腐ップルじゃねえかお味噌汁にぶちこむぞ

偶然にもピアノさんを馬鹿にする人が居るほどピアノさんは友達居ないぼっちだし
アイ空も空気読めるから無理に近づこうとしない事に気づいた俺は

れんちシャープくんかわいいかわいい初々しいなあ…
僕も昔はこんな事思ってたんだな…今はこんな汚れに汚れて…ってうるってなる
おかんフォルテ
12万歳見た目12歳ショタの性的知識>見た目17歳の悪魔の知識

ピアノの前ではつんつんするんですよ でれてるの見せたくないから(
逆に何かやらかすようにシャープ君に何か吹き込んでるフォルテ
単純に面白いからであって愛ではない(

キスする三秒前にフォルテが屋上のドアバンッって開いてつかつか歩いてきて
ピアノさんをグーで殴るイメージ
嫉妬じゃなくて健全なシャープ君に何しとんじゃ的な方

アノさんかわいそうだね…無理やりにでも引き離して発狂させてでも遠くへ
行かせてやるのにいつのまにかフォルテ殺されてるもんね…ぎぎ…みたいな
フォルテと夜魔の契約は本人達しか解けないからべって引き剥がしても
磁石のように離れようとしない。離したら、機能しなくなると思う。抜け殻になると思う。

フォルテとピアノのような化け物には「死」というものは存在せず、
身は朽ちるけど記憶はそのままに、また別の個体としてゆっくりと再生する。
長生きしない人間を愛してしまってもまた一人、
孤独になる事をピアノさんは知っていたからフォルテと夜魔をすぐにでも切り離したかった。
フォルテは人間の愛し方を知らないから

来は…人間のクズの濁った魂なので、フォルテがちょっとだけ見下してる
フォルテも自己嫌悪に浸りやすいから、傷を舐めあう二人だ
恋人にも言えない事を。
夜魔は、人間の邪な心をすっきりなくした純粋な人間だ。
けどそれは人間じゃないかもしれない。ということで夜魔に試行錯誤中

お兄ちゃん事嫌い?なんでお兄ちゃんの気持ち分かってくれないの?って幼い言葉攻めされて
なんで兄さん…そんな事言うの…俺、わかんないよ…って泣いちゃう夜魔
好かれてる自覚が無く、とても鈍い。純粋すぎて、腐りきった者の言葉など理解出来ない
空来と夜魔の大きな違いは心の綺麗さ

斬夜兄どうしようかな…緑ってあんまり扱ってないからよく分からん
斬夜はツルとかツタとか触手で相手を締め付けてじわじわ毒で殺したりする戦術
名前の通り葉の刃とか持ってそうだけど
夜魔に兄が居るという設定は随分前からあるけど、実は姿を描いた事は1度もないのだてへぺろ。
珍しく種族を受け継いでない(夜魔⇒雷・闇 斬夜⇒植物・毒)

レイドとレイル、空来と空未、夜魔と斬夜 兄弟多いけど双子は存在しない

魔や空来は武器を持たずに魔法と体術のみで戦闘するよなあ…
空来はよわっちいから蹴ったり殴ったりはせんけど あれ?手を封じたらよくね?
空来のブーツについてる羽は若干さくらちゃん意識してます… 走るの速そう

ォルテは茶髪茶色目のボロボロの天使⇒悪魔で赤茶の目、黒い髪、旧デザのコート⇒
吸血鬼で帽子、薔薇などのオサレ、媚びる為のニーソ 的なのだと思う
ピアノくん(※21万歳です)が居なくなってからフォルテちゃんは最近まで荒れてたので
夜魔が癒しちゅっちゅ
ピアノさんがバッって現れて「!?」ってなって超きまずいところに
ブラコンの夜魔兄を投下してさらに修羅場にさせます
ミキサーに入れて30秒間混ぜます
フォルテちゃんはピアノさんと会ってから動揺しすぎて流されて数回はヤってるよ……。
ピアノさんマジゲンドウポーズ

夜魔兄「フォルテとピアノとやらがくっついて俺が夜魔を引き寄せたら解決する!!!!」
ピアノさん「オォゥわんだほぅ!!!!!」
なノリでも良いけど何かしたらブッ殺す的な保護者なノリでもいい
斬夜って名前出しても超馴染んでないから夜魔兄

どちらにしろフォルテと夜魔は契約で結ばれてるから
互いに傍に居なければならない存在になってしまってる 求めてしまう

イ空はもう麻薬に浸かった様にどろどろになる時もあるし、
フォル夜魔も修羅場だし宿命だしで、健全なホモが本当に…
ジョーカーさんと蒼藍くん初々しくてお姉さん(※嘘です)泣いちゃう

同棲⇒アイ空(アイフォスの部屋)とフォル夜魔(夜魔の部屋)と
レイドとレイル(兄弟的な意味で)
空未ちゃんは 年頃の女の子という事情で一緒に暮らす事はラスカさんにちょっとひかえられちった

ョーカーさん。彼、黄粉餅宿ではクーデレだし超無口だから、
どこかのカジノで超道化師っぽい事して欲しいな
あれだ、ビリヤードとかしたら台に腰掛けながらやる人だ絶対(確信)

ジョーカーは別名切り札だよ かっこいいよ
実は別々に良い感じの名前考えてたトランプ弟子も居たんだけど
メモ帳もオリカビいっぱい描いた資料もどっかいって消え去った 練り直したいなあ

急にジョーカーさんジョーカーさん言い出してるのはアイ空とフォル夜魔周辺をイメージしても
あまり初々しい事ではなかったのでジョカ藍くんあたりをイメージしてたのです

ォルテは綺麗に美人さんにみせたいんだけど、
見た目年齢を考えるとあまり大人っぽくできないなって、ぐぬぬ。ショタ美人。
夜魔は健気にみせたい カラーリングはまさに悪役だけど

ジョーカーと蒼藍で ジョカ藍ってCP名くそいいにくいから
ジョーカーって切り札の意味あるから切藍って呼ぼうかな 誰てめになるけど ください
16歳と15歳だしCP平均年齢では2番目に幼いけど
見た目と性格としてはこいつらが一番大人っぽいので

斬夜さん⇒ブラコン アイフォス⇒童顔半ズボン
直さん⇒クズ ガラスさん⇒死んだ目してる ピアノさん⇒フォルテ…(つД`)ノ

斬夜兄は普段黄粉餅宿に居なくて 悪魔や悪質な死神などの人外を狩るひと
夜魔にはまたちょっと戦いに行ってくるからねーって言って出て行ってるだけで
そんな化け物と敵対してるなんて言ってない

久々に帰ってきたら弟がそんなのが全部混ざったバケモノといろいろ吹っ飛ばして
仲良くしてるのとか見てアレじゃないですか ピキピキじゃないですか
しかも殺す専門じゃないですか 傷つけたらいつでも殺す準備出来てるからねニコニコ

兄貴もヤンデレ気味だけどフォルテは元々ヤンデレ欲しい!って言って作った子だからやばい
フォルテの後ろにはオリカビっ子強いのナンバー2のピアノさんが居るぞ気をつけろ_(:D」∠)_
フォルテは綺麗で美人さんだけどみたいなら本来のキシャーーーなバケモノにもなれますよ_(:D」∠)_
フォルテはなにかと受けにも攻めにも回りやすくて空来並みに厄介 いろんな意味で

夜魔は心がキレイキレイなので、綺麗なこと言わせて
フォルテは色々気づかされる日々を送って欲しいんだけど、
なんせつくった人の心がキレイキレイじゃないから…(

実は小5の頃フォルテが浮かんで名前をつけたのは本当にただの思いつきで、
言葉の由来も意味も知らなかった( それから音楽の教科書を開いて、
もう一人の大人のほうはピアノってつけたら、地味に強弱な二人になっちゃって運命感じた(

ー、数千年前の、悪魔同士で仲良く過ごしてたフォルテとピアノさん描きたいっす…。
フォルテは生まれた頃天使の孤児で、吸血鬼だったピアノさんに拾われたの。
生きることで互いの種族に不満を持ったから、二人とも悪魔にうんたら。
誰も使っていないステンドグラスがギラギラ光る教会で過ごしてる…

ちょっとした火事があってガラスもちょっと割れて破片が散らばってるような誰も使ってない教会で
ただいまーってピアノさんが帰ってきて天使のフォルテちゃんに食べ物やってやったりするんだ…。

天使悪魔吸血鬼死神の人外は1万年に1歳成長する世界なので、
ピアノとフォルテで過ごしたのは一万年ほどで。まあ見た目も変わらないよね

てんしで変換すると天死できゅうけつきが吸血期になるのなんとかならないの?死ぬの?
吸血したいお年頃なの?
人間の血を吸いに出かけるピアノさんに、無意識にむすっとしちゃうフォルテちゃんかわいい…。

にしてももし仮に吸血鬼が天使の血を飲んだら何か支障があるのかなあ。
そんなのwikipediaにあるわけ…ないしなあ。そこんとこは自分の設定で考えるしかないか。
ついでにうちは支障はありません。天使特有、特別な味はするけど。
こういう無駄な設定は細かいです

脳内でいろいろ進みすぎて安定しないけど、空来の中身に天使が居るって事をフォルテと空来は
知ってて、互いにそういう事で信頼してる感じ
あと、2人に好かれて両想いだった気持ちを知ってるのも

数千年ぶりにピアノさんとズコバコしちゃったのに嫌だけど抵抗出来なくて僕どうすればいいの…
君なら分かってくれるよね…空来…って黄粉餅宿の深い森に居たフォルテを抱えて
うん、…って大人な対応の空来が

にしてもリアタイでフォルテのそれを進めたら 4/1誕生日の夜魔くんにおもてなし
4/10フォルテの誕生日に夜魔からのお返し その晩ピアノさんにズコバコ…
数日後フォルテが見当たらないんだって焦る夜魔君
いつも夜魔の傍に居るのに帰ってこないのはきっと夜魔を避けてる…?
って探しに行く大人な空来さん
フォルテだっこしながら背中ぽんぽんする空来さん…空来さん…

ォル夜魔って言ってるけどcp名リバしても問題ないかな あれ攻めが多ければ
フォル5.5夜魔4.5みたいなもんだしいいかー。アイ空さんはアイ7.5と空2.5の意地悪さん
気持ち的にもフォルテの独占欲や嫉妬 ヤンデレっぷりがどろりっちだからフォルテが上で問題ない

フォルテが嫉妬する…って言うと死人出るけど夜魔がちょっとだけ嫉妬しちゃうな…って言ったら
かわいいかわいいのなんの うえでって打ったら予測変換にウェディングが出てかわいいかわいい
夜魔に女装は似合わんが(´・▽・`)

そもそも夜魔がフォルテのどろどろを理解してるのか
フォルテが夜魔の傍に居たら心が浄化されていくから 近くにいる限り気づかないだろう
そもそも夜魔はフォルテがやってくる前に空来先輩に処女奪われてるので恋愛的な感情
片想いの気持ちは知ってます 空来が悪い子にみえるけど少しでも夜魔を楽にさせたげる為
だと思ってた 余計に辛くなったけどね

夜魔と空来が似てるのはそういう関係にさせたかったから
夜魔が出来た直後にフォルテが出来ちゃったけどね
フォルテさん空来をめっちゃ憎んでました

空来を殺したら厄介なアイフォスとかにキレられかねないし、
夜魔が悲しんで自分を突き放すだろうと
空来に天使が宿ってると気付いたときには元々同じ種族として距離が縮まった ね
誰にも相談できない事を相談し合う二人

藍とフォルテは仲が悪いかもね
夜魔とかを馬鹿にして暗室で手のひらにナイフ刺されて脅されたからね 蒼藍のトラウマ
フォルテは他に人が居たらにこにこしてそうだけど

個人的にフォルテのそのヒールで誰かをぐりぐりして欲しいな~
ん~直さん?直さんだな~直さんだね~直さんしか居ないね~~
直さんになんの恨みがあるんだよ
基本的に直とその部下は空来を殺すための組織
直の心の中は早く死んで取り残されたアイ君が俺のものにならないかなるんるん

アイフォスに近づきたくて切り離したい直と、
命令をちゃんと聞いて直さんにいいこいいこしてもらいたい涙ちゃんと、
逆らえばまた酷い事されるから言う事聞くしかない奴隷の硝子さん

粉餅宿を全体的に監視、管理してるのはラスカさん。
ラスカさんの部屋にカメラの映像とか部屋の鍵とかがあります。副管理はアイフォス
お花のお世話とかはサクラちゃん。食堂の料理はホワイトハートとかいうオリカビ
黄粉餅宿の敷地の門はまるでお城みたいで、入りづらそう。
旅人にとっては結構マニアックな宿かもしれない
お隣の雫の世界にもいくらでも宿はありますし、
旅をする際わざわざ自然の世界を立ち入る人は居なさそうですね
ただ、ほんとに植物や自然がいっぱいで綺麗な世界だから観光とかありそう

アイ空は有名人な設定
>>設定<< 一応黄粉餅宿に住んでるお礼としていろんな世界に飛び回って
いろんな事件を解決する警察のタマゴみたいな役割も持っていますし。

ォルテは赤林檎 ピアノは青林檎(梨) 夜魔は姫林檎
フォルテは人間が食べるものの味や美味しさがいまいち分からないし
めったに食べようとしない けど果物は食べられる
フォルテは赤い林檎が好き 夜魔が切った梨をなんとなく食べて
ピアノは青林檎が好きなんていってたけど本当は梨が好きで騙されてた事をぼんやり思い出す
夜魔に好きな果物を聞くけど「果物は全部好きだから分かんないよ」
「姫林檎」「?」「夜魔は姫林檎だ」「姫…って、俺は男だけどね…」
なんとなく呟いてふてくされて けど夜魔には赤い林檎を好きになってほしい
僕の姫であってほしい みたいな

ここから新しめ

い催眠魔法をかけて夜な夜なピアノさんを抱いて
身体だけでも温もりを感じようとするフォルテさん…。
黄粉餅宿にはクズしか居ないの!

記憶を消す魔法も、痕跡を無くす魔法も、あるんだよ…。
使えるのはフォルテとピアノとレントの薔薇組と空来だけだと思う
フォルテは物理的な魔法に長けてるけど催眠魔法や回復魔法も負けず劣らず優れていて、
けどそういう魔法ならピアノさんの方が種類豊富だろうなぁ。
レントはチート?

なんだかんだで催眠が解かれたりピアノさんの記憶の中に残ってたりして
精神的に追い詰められるフォルテも。 お前は何がしたいんだ?

強がってるだけ。強がらないと、自分の中の何かが壊れてしまいそうで。
ヒトを窘めるのも、追い詰めるのも、自分という存在を保ちたいだけ。
フォルテは自分の心すら理解出来ない。やっと最近、人間らしい心を取り戻せたのですから。

フォルテも昔のピアノさんのように、心を無にして何千人もの人を虜にして
抱いたり抱かれたり。人間のスキな部分も、キライな部分も把握して、
甘い言葉も鋭く抉る言葉も何もかも覚えてすっかり汚れてしまって。
それは生きる為に。それでも生きる意味すら未だ掴めないまま。

フクザツな心境でよくふらっと居なくなって夜魔に心配かけてさ、
俺はちゃんとフォルテの事愛してるから、嫉妬もするんだよって、わざわざ言わせちゃって。
自分のせいで純粋な彼を汚してしまっているのが申し訳なくて仕方が無い。
もう自分の色に染めて楽になってしまいたい、けどそれじゃ魅力が無い。

衝動に任せて何度も後悔したのは分かっているつもりなのに。
絡みつく何かが僕を苦しめて、楽になるのを足掻きながら求めている。

私のおrkbの世界観が生死や魂が関わるお話になってるのは、
明らかに神無ノ鳥の影響だと思う。不老不死のフォルテと、夜魔とかね。
けれどフォルテやピアノは少しずつ、少しずつ年をとりますよ。
それが人間とは比べ物にならない長い時間なだけで。

吸血鬼に愛されて不死身になってしまった弟を見てお兄さんの斬夜はどう思うだろうか

空来が魂を2つ心に秘めていたり、 …からっぽだったり。
血の味とか、目の印とか、心の病とか。
なんだか目には見えないそんなものばかりを重視している気がする。

ート分岐とか、考えてるから余計にね。BAD…うーん、バッドエンドかぁ…。
空来は無駄にシナリオが長そう。クロムちゃんルートはひたすら甘やかして幸せにしたいな。
薔薇組+夜兄弟は逆にグッドエンドを考えられないよ。皆幸せじゃなきゃ認めない!
空来の黒ニーソは明らかにアイフォスの趣味だと思う。

ョーカーさんは裏の業界でちょこちょこしてるよ。
お昼は食堂の角で和菓子売ってて(売れない)夜は外出が目立ってる。
早朝頃に帰ってきてちょっと寝て和菓子売って…。
黄粉餅宿内のカフェで売ってるアイフォスの洋菓子の方が好評だからライバル意識してる
黄粉餅宿名物黒蜜風味黄粉餅。

カフェの常連はクロムちゃんとか主に女性に好評。
お昼は食堂に人がわんさかなので 黄粉餅宿に住ませて貰ってる人は裏で後で食べてます

①生活に困る事はないです ②なんでも揃ってます ③ただし住めるのは
①驚異的な強さ、または ②宿の管理、主にお仕事、家事 が出来る人だけ!
黄粉餅宿はラスカさんの謎の財力と権力で建てられた
孤児等を介護して生活は何不自由無いがその代わり働け!っていう施設。もう既に25名で終り。
物語の表に出るのは25名だけど、
食堂にはホワイトハートさんとか、カフェにはメイちゃんとか、
昔考えたオリカビがまだ居ます 記憶から消えて入ってる子は全体的に働いてる。
ちゃんとお給料もあるから宿内の自分の個室は好きなようにすればいいとかそんなの。
ラスカさんのお部屋は監視カメラの映像が見れるけど個室は撮ってないです。多分…多分。

系とか、そんなのが帽子とかに引き継がれるかなあとか深く考えすぎてる。
空来とか夜魔とか庶民っぽいし、クロム様とか蒼藍君とかなんだか珍しい帽子。
アイフォスのようなハチマキ系や涙ちゃんのような四角帽は黄粉餅宿が舞台の地域では珍しい。
フォルテやピアノはまさに貴族かな。
四角帽や庇がついてる帽子は二世代の舞台では一般的。

ラスカさんに気に入られたら誰でも黄粉餅宿に住めると思います。
直さんあたりとラスカさんとの繋がりは、どうだろ。ブラック…。
直さんも直さんなりに事情があるもんなあ 本当に悪い人なんて居ないよ

くら時間が経とうとも、ピアノの本質は黒。フォルテの本質は白。
きっと、多分……。冷めきった関係になったのにも関わらず、
気付かせないように、ずっと自分の手元に置くピアノさんと、
気付いてるけど居場所が無くて依存するしかないフォルテ。

かつて人間に恋をして大切な人を亡くしてからの苦しみを味わった事があったから
夜魔を愛したフォルテを止めようとしたのかね。
過ぎ去る時間に永遠に身を任せる中で愛しいものが出来てしまうのは、つらいって。

ピアノさんなんてほぼ無の感情の塊なので、、
交流に出してほんと良かったのでしょうか(
ピアノもフォルテも冷めてる。長く生きすぎた。一番つらいのは退屈。
フォルテがいくらピアノが新鮮な反応をしてくれるよう試行錯誤しようとも、
ピアノが今まで経験して身で感じたものはフォルテの想像を超えている。

フォルテはピアノより人間を弄ぶ傾向があるけど
沢山弄んだところで飽きたらとても冷たい表情で地獄に堕とすんだろうさ
なんだよ、散々人間に関わるなって僕を連れ戻そうとしたのに。
ピアノの馬鹿、ドアホ…いつか殺してやる……
>>冗談で済まされない<<死が一番幸せなんじゃないだろうか?
黄粉餅宿重たすぎ

どろどろ。主に恋愛を題材にし過ぎだと思う。
嬉しそうに浮かれる表情も、嫉妬に狂う心情も、
愛に溺れる時間も、全部まとめて彼、彼女らに。
中毒的な、病気的な。心の病にかかってしまってる子も少なからず居るわけで。
もうそこのところは手遅れ。治らないと思ってる
かなり後悔してる。空来もこんなはずじゃなかった、なぁ…。
いつまでも綺麗で、少し男らしさが残ってて…って。
もう汚してしまった以上仕方ないなあ。

恋愛中毒的な病気の話。アイフォスと夜魔とピアノは白。
苦しむ側ではなく、相手を支える側の人間。
空来、フォルテ、**は黒。いつまでも苦しんで抜け出せない側の心の持ち主。
支え合ってバランスを取るのが理想だけれども、幸せにはなれない。
混じっても濁った灰色にしかならない。片方が黒いから、汚いから。

そこまで恋愛について深く考えたくない。純粋に幸せにさせたい。
けど私の頭じゃどうにも客観的に見てバッドエンドな幸せしか、
考える事が出来ない……。つらい!メインcpのアイ空ですら暗い!

愛する人を実際に殺したのはアイ空だけ!

やりーさん宅の大好き症候群のぱくりになりそうなので、
この設定は裏設定ということに。

ょとんとしてる#くんにとりあえず頭わしゃわしゃするけど内心どぎまぎしてるpさん
何を余計な事を…ってまいったpさんにクスクス笑うf
ただ誰かが困った様子だったり取り乱したりする姿を見たいだけ

とりあえずお風呂に入れさせて服を用意して綺麗になったと同時に
傷跡が目立って眉をしかめるpさん
(舐めれば治るが……。)とか思うけど流石にやめておくpさん 天使さんの癒しの能力
(白い羽の悪魔…)とかいろいろ思う事はありつつ
部屋に泊めておいてるけどのちのち面倒な奴(f)にバレ(^-^)

のピアノが他人に構うなんてねえ…。
ぷっ……く………っアハハハ!!!!って爆笑しよる
はー……何か困ったら僕に聞くんだよ、子犬ちゃん…?ってすげー悪意ある捨て台詞


◇ストーリーが進めば

わりというか、これからのルートは数個考えてます。ありがちネタですが。
1つは誰も死なない普通の生活。あまりにも平凡すぎるのでこのルートは面白くない。
アイフォスは破壊の神にもならずにそのまま生き続ける。
ガラスさんも直も普通に暮らして生きてる。平和を求めたいならこれが一番安定してる。

2つ目は前のブログで小説にもしてたアイフォスの破壊の力が目覚めて
世界を滅ぼすのが確定して殺さないといけなくなったルート。
直はアイフォス好きだけど仕方なくガラスさんに殺させます。
ガラスさんが受けた命令は
「黄粉餅宿の人間全てを虐殺。どんな方法であろうとも良い。」
一番残酷で手荒ですね

空来は直の意見を否定します。
自分がアイフォスを元のアイフォスに戻して平和にすると。
直は話を聞かずに進めます。
フォルテのような魔物は外側からの攻撃は死にませんが内側から攻撃されると死んでしまいます。
例えば細かいガラスの粒子を呼吸で吸い込ませて肺の中でそのガラスを大きな結晶にして…。

つまり内臓がトゲだらけのぐちゃ…すいません。
最後に残ったのはガラスさんと直と空来とアイフォス。他は全員死んでます。
傷だらけで、血だらだらで絶望、ですよね。好きな人、大切な人とか死んでますもの
ガラスは殺しすぎでSAN値削られて発狂して直さん殺してから油断したアイフォスに…

頭から大きな丈夫なガラスのトゲを突き刺してアイフォスを殺します。
空来名前さけぶけど死にます。 ガラスさんももう限界でよろよろです。
空来が後ろに回って首を絞めてガラスさんを殺しました。
ガラスさんは特殊、物理的な攻撃はすべてガラスの盾で跳ね返されてしまいますので本当に近づかないと。

空来は皆に声をかけるけど誰も動きません。改めてガラスさんに近づいたら首に大きな切り傷があるのがわかりました。後ろに回ったのに振り向いて応戦出来なかったのはこの首が回せなかったせいだと分かりました。自然の世界にぽつんとひとりぼっちになってしまったけど空来はその時泣きませんでした
自然の世界には黄粉餅宿しかない。
ちいさな世界だけど自然の世界ごと黄粉餅宿の敷地。普通に考えて広い

皆の分のお墓を自然の世界の隅につくって、3年後も空来は黄粉餅宿で住んでます。
一人でお昼は屋上にあがって、誰も居ない皆の部屋を掃除して、
お風呂に入って、新しく住みたいって言って来た人を断って、眠る。

アイフォスの部屋の掃除にきて、
久しぶりにその部屋だけの空気を感じて懐かしい気分になって、
机の引き出しを開けたら
アイフォスが頭に巻いていた布が少し破けて血が滲んだ状態で保管されてた。
遺品を一人ずつ持って帰ってきてた事を思い出して、
昔の思い出を思い出して溜めてた3年分の涙を流しました

そのアイフォスの部屋にはレイドがつくった
アイフォスと空来のおにんぎょうが棚の上にひっついて置いてればいいよ
レイドがアイフォスと空来2個ずつ作って二人の部屋にひっつけて置いとけよって渡してたらいいなぁって。

こからも大人空来からのルートがわかれる 多いわ

アイフォス復活パターンとしないパターン
しないパターンは空来は普通に一人でのびのび大人になってつまらないよねwww
心にぽっかり空いた穴は一生埋まらずに

はじめて身内を殺したかんかく 殺されたかんかく
時々おもいだして目の前がブレて僕もみんながいった世界に逝きたくなる
けど誰かがまだその世界に居てっていうから 少しでも長く生きようっておもった
すこし精神的にいけないほうにいってるかもしれない
あと成人しても空来はお酒のめなさそうです

イフォス復活ぱたん:
屋上でいつもの様に風に吹かれて太陽を浴びてたら誰かの声が聞こえた。
「もうすぐ会えるから待ってて」すぐに聞こえなくなったけど一週間後くらいに小さな光が浮いていた。
「身体を取り戻して生き返れるかもしれない」って。
何の事だかも分からなかったけど彼という事は分かった

数日後も何度か話してアイフォスの魂なんだってことは分かった。
けど死んだ人が復活できるって何?ありえないことでしょう?
ううん、そういえばアイフォスは人間じゃなかった。神だ。
けど殺されたときは不完全でまだ普通の人間だったんだ。
一度天に昇ったから本当の神様になれたの?わけがわからない。

【少し未完成な妄想なので色々飛ばし】
ヵ月後に屋上に上ったら光につつまれている人がいた。やっぱりアイフォスだった…
やっと会えた。嬉しかった。落ち着いて二人でアイフォスの部屋に戻ってやっと気付いた。
アイフォスは18歳、殺されたときの姿のままだって事に。あの時から時は止まっていた。

アイフォスの身体自体の時はあの頃からやりなおしなんだ。
大人のアイフォスじゃないことには少し驚いたけど
「同じくらいの背丈だし一緒に成長できるじゃん」ってゆるく笑った君をみて僕も笑顔になった。
天国でなにをしてたのって聞いたら
「マジで本当の神様に会ったんだよ!!俺は人間じゃないから…

元の人間で人生やりなおしてくれるって言ってくれた!!
すごくね!?死んだのにまた空来と会えるんだぜー!すげー良かった!安心した!
18歳の空来もまだ女々しくてかわいげがあるな!凛々しいけど!!
あ、クロムとかにも会ったよ!!あいつら天国で馬鹿騒ぎしてるから心配ねーよ!!」
うるさかった。

※アイフォスは最終的には馬鹿にしかなりません
うちのオリカビ界のてんごくがいちばんしあわせそうで(
一応地獄もあるけどそれは本当に大きな罪を犯した人だけ。
フォルテとピアノだけが行けます

天使や吸血鬼が悪魔になるなんて神様が許すわけがないからね。
大きな罰をうけてでも二人は悪魔になりたかった。
深い深い地底に居る本物の悪魔との契約でくろく染められてしまう。
人間が行く事はほぼ不可能。途中で焼かれてしまう 厨二m9

来とアイフォスだけで過ごす。
やっぱり心残りはあるけど空来は幸せ。一番好きな人とまた会えたんですもの。
アイフォスは空来よりもお酒が弱いのに
なんか飲んで空来につるみまくる成人萌え。ロマン。
タバコは二人とも吸わないだろうけどアイフォスはしばらくしたら吸いそうだなぁー。

20超えてさ、空来はアイフォスの顔じーっとみつめて「なんだ?」って、
「いや…昔と比べるとさらに男前になったよね…」ってナチュラルに言ってから
二人とも硬直して空来だけがボンッて湯気でて
赤くなって慌ててアイフォスは腹筋崩壊してればいい└(└ ^o^)┘
↑前の記事で描いた絵です。ミスで目赤いけど。ホモォ

ォルテは死んでから数年かけて肉体を復活させて、
夜魔は不死身だけどフォルテが死んだら夜魔も死ぬシステムだから夜魔も復活して、
成人したアイ空に突撃黄粉餅宿の晩ご飯して驚かせばいい(
ガラスさん皆殺しちゃうけど、レイレイとルーナは別の世界に逃げるルートを選べば生きれますね


◇もう1つパターン 加筆あり

イフォスが破壊の神に目覚めて悪魔のようになり左目が赤くなる。
闇の世界の城を乗っ取って 我を失ったアイフォスに殺された空来は
自分に宿ってたもう一つの天使の魂を利用して生き返り
アイフォスを追いかけて部下になろうとしたらアイフォスの記憶は無い。
力が足りないと言われて暗い部屋にぶち込まれて3年もかかる手術で人工的に堕天使にうんたら。

天使になり目覚める。とても身分が高いといけないであろう部屋に連れ込まれ
アイフォスの今後の話を聞きアイフォスの目標が世界を滅ぼしてから
新しく世界を造り返る事だと知る。
アイフォスはボスのような存在。それに少しでも近づくために人をたくさん殺さねばならない。
どんどん昇格していく。空来の頃の記憶は鮮明に残っていて辛い。
アイフォスと会って話すことも多くなり
薄々空来の事を思い出してきて最終的には向かい合って後悔して罪を負って生きる。


◇~ここからテンション上がってなんちゃってノベルゲー語り~
ちのオリカビ擬でノベルゲーム作ったら空来か夜魔か選べて
夜魔主人公で夜魔の兄の斬夜さんルート選んだら
夜魔の恋人であるフォルテを殺して夜魔と幸せになるルート♡とかなりそうじゃん
ノベルゲーム作ったらほぼ絶対死人出る!!

来主人公:アイフォスルート(Good/bad)/夜魔ルート/フォルテルート/クロムルート(Goodのみ)/空未ルート/硝子ルート(最後推奨)
夜魔主人公:フォルテルート(Good/bad)/斬夜ルート (フォルテ主人公):ピアノルート/レントルート ⇒アイフォスbadで二週目
ゲーム進行考えるの楽しいからやめろ
ていうかこれ2週目もルート分かれるじゃん…ひい…

クロムルートは幸せにしかならない アイフォスルートにもクロムフラグは立ってて、
アイフォスの好感度をあげるような選択肢を選んでいるとクロムを振るから
空未ちゃんルートと斬夜さんルートはどうなんでしょう 兄弟なんですけど:;(∩´﹏`∩);:

硝子さんルートはgoodとbadがある。殺すか殺されるかだ。
硝子さんルートに硝子さんとはアッーしないけど代わりに直さんにいじめられる
というか、昔書いた某小説では硝子さん殺したな…殺しても、
シナリオ上アイフォスの好感度を上げなかったため、アイフォスの暴走を止められなくて
アイフォスに殺される。というかアイフォスルートからの分岐にしよう。
好感度上げると空来は後悔をせずに硝子を殺せる。
上げないと戸惑って殺せずに殺される
殺すとか殺されるとか呟きすぎて小学生みたいだ

アイフォスに殺されてから二週目とかひどぃ
お兄ちゃんどいてそいつ殺せない
アイフォスグッドは空来が殺されるんじゃなくてアイフォスが殺されるほう。
バッドストーリーの痛々しい表現がない分幸せじゃないのか。

来が殺されてからの二週目はね~、
闇の世界の城の頂上に君臨する記憶をなくしちゃったアイフォス様に少しでも近づく為に
もう1つの魂を利用して生き返った空来ちゃんが頑張るぞ☆の巻き
記憶なくしてる間に女をいっぱい抱いてて
前のアイフォスは僕だけを大切にしてくれてたのってぐぬってなっちゃう空来
フォルテの好感度をあげてると闇の城の下僕に生き返ったフォルテが加わって空来を慰めてくれるよ

ォルテが死んだら夜魔も死ぬ。フォルテが生き返ったら夜魔も生き返る。
ので夜魔は黄粉餅宿でお留守番。
「俺血が出ても痛くないよ?空来先輩が頑張ってるんだ…戦うなら、俺に行かせてよ…」
「駄目…夜魔は駄目だよ、掠ってでも傷つけたくないんだ…お留守番してて…お願い?」
過保護なフォルテさん(やんでれ)

い出しそうでひっかかってる事があるならなんでもするからって空来と
今なんでもするって言ったよね?って本来の目的を忘れてにやにやしてるアイフォス様
アイフォス様は男に興味がないノンケに退化しました。女ばっか抱いてる。
S要素が2割増し
幼馴染で上下がなくて年が3つあいてても呼び捨てしあって、
信頼して愛し合ってる二人の関係が一気にぶっ壊れて、敬語で話さないといけない、
様をつけないといけない、あの人の為に人をたくさん殺さないといけない、という主従関係
愛する事も触れる事も許されぬ檻の中

下室に閉じ込められアイフォスの手で堕天使に人工的に改造された片目が赤い空来様は、
そんな事を乗り越えてきた未来の空来です。ひと段落終えて、
過去である今の空来と若干二重人格。警告をしてくれてる。
『僕のようになってはいけない。僕の言うとおりに従って。
確かに言う事を聞いてくれたら未来の僕は消滅してしまうが、君の幸せは僕の幸せだ。』


◇HOMEの終わり

年後のアイ空はアイフォスが空来の事忘れてキメラみたいになってる←誰?
空来は死んだけど天使ちゃんの魂を利用して(空来ではない別人)そのままアイフォスについていく ←誰?

天使ちゃんは 女の子だよ だから外見はホモでもNLとして含められるんだよ………
空来が生まれた頃から一緒に心の中に居る魂で、空来は死ぬまで気づかないパターンもあるかも
空来の今までを全部みてきたから、一人称は私でもそれ以外はほぼ空来
アイフォスの記憶を取り戻させた時、天使ちゃんは役目を終えて
アイフォスにとりついていた神様と永遠に幸せになるんだ
何故か空来は生き返ってただまああああおかえりいいいいってなるんだけど
これは空来が死んでアイフォスが1人で生きるバッドエンドでもいいんじゃないですか?

死ぬというよりかは、綺麗な身体の魂の抜け殻さ
空来が心でも記憶だけは生きてて天使ちゃんが記憶を戻させてるのを頑張ってる間もみてる、
なんてね

アイフォスが思い出してゆくというのは神様が消滅してゆくのと同じで、
だんだん互いに居場所がなくなるのだ
神様は消えるのが怖くて、アイフォスに根付いている
神様が犯した大罪は、ただの人間に戻ったアイフォスに降りかかって、
それを背負いながらまた黄粉餅宿で二人で生きていくんだ
それがうちのオリカビのエンドかな?
いや、生き残った子を繋げれば二人の物語は終わってもつなげられますね

世代オリカビの世界は現代より少し先の未来で、
女体化する薬とか魔法とかなんでもあるから人自身の発達というか 感覚が麻痺してる

二世代オリカビの世界は一世代と同じ星だけど離れてて、
現代より少し前のヨーロッパのようなイメージ。パソコンとか中々無い。携帯もない。だから手紙。
とかそんなの。
二世代は一世代の3年後の物語。空来達は二世代ではどんな風に語り継がれているのだろう。
空来の最後の行動記録。それはあまりにも彼は幸せにならない

アイフォスに首を絞められて殺された生々しい感覚が残っているといい。
愛してる人を殺すときは、首絞めなんですって。
アイフォスを剣使いにして正解だった。 似合ってる
他の創作でももう剣使いは作らないつもり。アイフォスが特別すぎて。俺が美しすぎて

もう過ごしてきた記憶がなくて、
まるで人格が入れ替わったように変わって愛した人を殺そうとするアイフォスでも、剣は投げ捨てた
空来を殺した後拾うけど(シュール)
剣につけた空来に作ってもらった勾玉のお守りが、光を失って寂しそうに風に揺られている

魔は新しい悪魔にとらわれて契約を結ばれちゃってそのまま魂を食べられて死んじゃうかも
フォルテはピアノさんに殺してくれって泣きすぎて枯れた声で悲願するよきっと
確かに フォルテもピアノも死ぬけど 何度でも生き返るんです うちのホンモノの人外は
深い眠りについてもまた繰り返される 君の居ない時間に
だから今すごく楽しい時間を過ごしてもフォルテにとってはとても短い思い出と時間で、辛いだけだ

ピアノさんと堕ちるところまで堕ちて、もう抜け出すことができないくらいの深みまで。
または、もう蘇生出来ないほど自分を殺めるか。フォルテの選択肢はそれだけさ
夜魔とフォルテは不死身のままどこまでもどこまでも時を渡りおちていくのがきっとハッピーエンド
客観的にみて報われないハッピーしか作れないのね

フォルテが契約なんかせずに100年近く生きて死ぬ夜魔を見守ってれば、なんて思ったけど
最後の手段のピアノはもうその時には傍に居ないんだろうな

ひとりぼっちでまた、人間をかき集め
ああ やっぱり夜魔みたいに綺麗で純粋な人間はもう、って思いつつ、
輪廻転生を期待しながら生きる
フォルテは夜魔と同じ形をした魂の人間とまた廻り逢えるまで、数百年、数千年先も
彼の事を想い続ける 心が壊れそうな時はピアノに支えてもらって

また会った時には随分僕を待たせたねって言ってやるんだ
きっとその時にはフォルテも身体的に成人してて、僕だって君くらいちっちゃかったんだよ?って

使に生まれた頃のフォルテは茶髪茶色目でひどくみにくい姿だっただろうなと
天界で虐げられて地上におとされる ピアノさんに拾われる。
高身長な吸血鬼がこっちに向かってきたらとにかくびびるよね
なにするの いやだ はなして・・・! ⇒すやすや

吸血鬼のピアノさん 服はほぼ黒ずくめで モノクロカラーだろうな かっこええだろうな。
そんな天使が吸血鬼に愛でられて悪魔になり愛に気づいて
それからすげぇ捻くれて口が悪くて媚びるビッチになるんだもんなあ。

フォルテがあんな際どい格好したのはピアノさんと別れた後だよ
黒ニーソ絶対領域… お前付き合う彼氏に合わせてコロコロ格好変える彼女かよ…って

再会したとき 互いに目を疑えばいい
あっそのまま禁断のピアフォルになって変わり果てた二人の感情をどうしようもなく焦がし合うのも
ピアノは僕の気持ちもう見てくれないのって 抱え込んで 夜な夜なほっつきあるいたりしてたり
フォルテは「今もピアノに惹かれつつある」という事実から、頑張って目を背けてる
思い出すたびにああ…ってなって崩れ落ちそう

ごめんなさい、夜魔…って 夜10時に寝て朝7時には起きる
健康的な生活の夜魔の頬を 泣きながらそっと撫でる
こんなにも純粋な彼を 自分の手で汚してしまっている上に
彼の運命の鍵さえも僕が握ってしまっている

フォルテは 自殺がきっと美しい結末だろうなあ
夜は彼が寝ているから少し暇 撫でてみたり、月を眺めてみたり、少しキスをしてみたり
彼が居るこの空間に居れば寂しさも過去もどこか吹き飛ぶ気がするから

月音ちゃんに殺してもらいたい
君は僕を殺すのが目的なんだろう  殺せよ さあ

夜魔が居なくなれば、もう自分には何も残らない。短くも長く感じるこの時間を
どうしても傍でみていたい 彼の一生の幕が綺麗に閉じるまで ずっと
永遠の幸せを掴んだピアノをみて、 何事も無かったかのように部屋に戻って、
ベッドの上で目を閉じる このまま死んでしまえ
きみも ぼくも

純粋な心を持った一人の少年 どんな人外や化け物でも殺せるその少年の兄
少年に惹かれた一人の吸血鬼 過去に吸血鬼と愛し合った天使
天使の前に舞い降りた純粋な白い悪魔
選択肢は いくらでも。

妬でキリキリしているフォルテを描くのはさぞかし楽しそう
ピアノさん…。
敵である存在に嫉妬なんて 甘く焦げたカラメルのような感情はいらないの。
なによりも今は夜魔が居る 僕には夜魔が居る ほら 幸せでしょう
なにも悪くない夜魔がフォルテの重たい荷物を背負ってくれても

ここから新しめです 

粉餅宿の皆も夜魔も居なくなって、レントからの提案で人外であっても
唯一「終わり」のある死神となったフォルテは
彼らの分はもう充分生きた と、大好きだった彼の魂を追いかけるようにこの世界から消滅する。
それが最期
普通の人間以外で寿命が存在する種族は死神だけ。どっちかというと定年退職かな。
役目を終えたら消える。当てもないまま生きるよりかは
何か目的をこなしていった方が効率的じゃないの?とレントが誘う。
フォルテちゃん、もう完全にいろんな血が混じった化け物や…。珍しさ故主に好かれる。

間、一般的な動物以外の生き物は魂を持たない。体の成長はまるで止まったよう。
心臓の鼓動すら聞こえず、体は冷たい。
赤い薔薇が散った後、残り二本…いや、三本の薔薇は何を思う
消滅するときはきっと綺麗 薔薇となって散る
ピアフォルレンは薔薇、薔薇! と、シャープ君。美しさを際立たせたいなあ
契約印が浮かび上がるのはきっと共鳴する。相手の行動や感覚が感じ取れるようになってしまう
ピアノさんの目の元々の色が青なのは痛かったかもしれない

まには目の中の印描かなきゃ~って、
最近描いた空来の中に描いたんだけど見えるかなあ~
月はクロムが作り出した義眼のようなものの印、
星はアイフォスが埋め込んだ所有物の印のようなもの…って
此処で言わないともう説明する機会がなくなる。
もうありのままの空来は存在しないという意味合いも
目を弄られるのに定評のある空来さん。

人事情。アイ空がカップルなのは宿の人ほぼ皆に知れ渡ってる。
よく思うかは別として。フォル夜魔は一部(主に男)に知られている。
アイ空とフォル夜魔はうっかり不倫するくらいには仲がいい( 
直さんと硝子さんは引き篭りです。監禁!。じょからんはナイショ

スカさん一応国のてっぺんの人だから王族?大臣の娘?なんだよな……。
土地を買って森を開拓して自然の国つくる⇒
黄粉餅宿建てる⇒先生はぎふとの国の王様⇒貿易で会う機会がある??
クロムも姫だからてっぺんだらけじゃねえか!!!! アイフォス=魔王

規模な話になると破壊の神様の本体と
空来の中に居る天使ちゃんの実体もデザインしなきゃいけないけど面倒
うーん、普通に破壊の神様って言ってすっ飛ばしてたけど正式名称災いの神様。
でも自然災害じゃなくて人為的だから破壊の神様でもいいかも

イフォスは破壊の神様が宿ってるので悲しむ感情が欠落してます。
何か失っても、誰かが泣いてても、その悲しみを共有する事は出来ない
空来はよく泣きそうね
もし何かを壊しても悲しみという感情で弱らないように出来ているのだと思う

物が死にすぎ。二世代は先生の寿命が人並み縮むから
長生きで一人ぼっちって事は無いけどピアフォルレンのせいで
うーん 二世代の世界の人外と一世代の人外の寿命には大きな差がある
(二世代:大体200年まで 一世代:何万年単位)
…なのは単純に昔に大規模で考え過ぎたから訂正したい気持ちで(

人生(人?生きてる?)経験が滅茶苦茶深いんだろうな
生きてて嫌になるだろうなあ
普通の悪魔だったり天使のままだったら簡単に死ねるはずなんだけど
死なない事を対価に身を変えてきたからなあ

ピアノとフォルテも自らの意思で死ねないよ~有り余る時間を棒にふって生きてきた
ただ昔考えた硝子さんルート(謎)はフォルテ殺されてるんだよね
あと毒殺出来る斬夜さんとかも増えたから黄粉餅宿殺伐としすぎ 

ここから新しめです(2015/02/15)
うでもいいけどジョーカー×空来という未知の非公式cpを
考えていたが若干お似合いでじわってる
そうらんくんとか出来る前から考えてて可能性はあったからあんまり未知では無かった
高いところにある本が取れなくて
うんしょうんしょしてる空来を抱き上げるジョーカー(少女漫画)

HOMEでもう二人くらいデザイン考えなきゃいけない隠しキャラが居てる。
それはアイフォスと空来の中身の半身です。アイフォスと空来をベースに
HOMEの物語が終わった後空来さんは半身に魂も半分捧げたせいで
軽い記憶障害+短命になる

此処で天使は欠けた魂を練成出来るという設定が出来る(無駄ではないか?)
あと心の器が白と黒に分かれているという隠しステータス的な設定も存在している
死者の魂を送るのが死神の役目であるから天使が送り届ける必要はない世界観なのだが、
それなら天使の存在理由は、と考えた結果価値ある者の寿命を伸ばす力だと
なんでいきなり白黒の隠しステータス話題に出したかって言うと、
唯一いる天使のピアノは白の器であり、空来は黒。
魂を埋め合わせるには同じ色で噛み合わなければならない
そこで黒の器のフォルテのかつての天使の力を借りる事になる
この辺でピアフォルのギスギスも治ればいいんですけどね
仲直りはもう汚れ過ぎて出来ない。
空来さんはおまけにちょっとろれつが回らなくなる
主人公は大事なものを欠けさせたくなる アトリぎゅんもなんかなる、将来。

魔が自分は既に死んでいる事に気付いて
フォルテの手によって殺されてからフォルテは空っぽの時間に流されて過ごして、
黄粉餅宿に誰も居なくなった頃に死神になって
その役目も終えて綺麗な赤い薔薇になってこの世から散るんだ

夜魔 →世迷

夜魔は不死身だけどフォルテが死ねば夜魔も死ぬし
フォルテが夜魔を傷つけてしまえば殺せる
成長しない身体で寄り添って、沢山の大好きな人が居なくなるのを見送って、
それでもフォルテはこういう気持ちで居たんだねって
自分の辛さを構わずにフォルテを気に掛ける夜魔は最期まで彼に優しすぎる人でした

「俺ね、もう、疲れちゃった」 
「もういいんだ、夜魔。ありがとう、僕の望みを叶えてくれて。休んでも、いいんだよ」

魔の足の傷跡から入れられたものは死体を蘇生させる特殊な液体でした。
夜魔は14の年齢で既に亡くなって 悔やみ続けた兄が奇行に出て
吸血鬼のフォルテに愛されなくともとっくに体の成長は止まっていた
ただタイミングが被っていただけで
その液体は味が無く血液を 肉体を活性化させる作用があったから
フォルテは夜魔の血を疑う事は最後まで無かった
この世界の血液の味は 心の綺麗さが反映されるので 夜魔の味は元から奇跡の味だった

蘇生させてまで愛した弟が寝取られる斬夜お兄さんへの救いは
夜魔が今生きていて幸せだと思う事
過去の夜魔はきっと貧弱による死です。闇の国は、治安が悪い。
そんな希少過ぎる常識的にありえない液体を手に入れた兄は
どんなブラックな人生送ったんだろな
薬を手に入れるまで死体が腐らないようにしてたんだろなとか考えると

夜魔は過去に死んだ記憶を消されている
ついでに蘇生されてから痛みの感覚が鈍くなっている
(フォルテさんの過去の文章参照 手のひらを刺されても笑っている)
そこそこ戦闘できるのも薬の液体の作用 貧弱だった当時は魔力を使うだけでぶっ倒れてた
斬夜×夜魔とか、お兄ちゃん泣き出しそうだな何か
kill

ォルテは夜魔に否定されたらどうなるんだろう
困るかな 泣くかな 悲しむかな 怒るかな
夜魔はいい子なんじゃなくて否定の仕方を知らないだけ
あとはいなくなった時を考える 逃げるのも、または世からいなくなるのも

いあった恋人以外と口付けを交わしてはならないという設定もあるけど、
この辺宗教っぽいかな
この辺アイフォスはんなもんぶち破って告白の意に変えたな
神に反する以前に自身が神だからね仕方ないね♂

身に魂を半分捧げてからぼーっとしちゃう空来可愛い!
成長して身は美しいからぼーっとしててもさまになっちゃう空来可愛い!
介護される空来可愛い!物忘れが激しい空来可愛い!短命な空来可愛い!

粉餅宿って、孤児とか問題児の引き取り場所でもあるんだよなあ、って思って、
クラネちゃんはなんだろ、って考えたら身内からの虐待かな~
ゴスロリ趣味とかネット依存とかは不満の表れかなあ あと少女趣味、耽美趣味。
HOMEの女子はお上品 女の子同士でお茶とかメイクとか髪の毛いじりとかしてる
その代わり男はホモ(男はホモ)
私の考えるどの女の子も美しくあれ、だよ。
女性に血の気を見せてはならない。女性に無理をさせてはならない。
自宅男子は紳士的なのだ!
フォルテは月音ちゃんザシュザシュしてるじゃん!!けど
「ッフフ…人ならざる者の僕が神に従うとでも…?
それに血に濡れた君は何よりも美しいじゃないか…、ね?」みたいな

ー魂が半分で短命な空来と普通の人間に戻ったアイフォス
アイフォスは災いの神が抜けてからあの剣使えるのかなあ
アイフォスに剣を授けた人は先生だったらいいなあって。
残りの人生を一日一日大切にしてひっそり生きるアイ空さんは
おめめの色がお揃い。ついでにクロムともお揃い。
魔王アイフォスの支配欲に塗れた赤と幼き日のクロムの優しさに満ちた深い青
魔王アイフォス シリアスな筈なのに字面で笑うのなんで

18歳の空来と21歳のアイフォスが描きたかった。描きわけなんて無かった
空来の本来の目の色は紫で 青は双方共にクロムに埋められたもので
赤はアイフォスの手によって埋められたものだという事を言いたかっただけ
(n回目)気持ち的に髪長い空来さん
本来の空来は二人の描いた理想によって埋められてしまった

し別の者として生まれ変わるとしたら…貴方は何になりたいのかしら。
猫として自由気ままに生きる?それとも、人間…なんて。』
[ ……レントがお母さんで ピアノがお父さんで… そして僕が居る場所 ]
『あら…貴方にしては可愛らしい夢。 ……いつか、叶うと良いね。』


◇3年後のとあるアトリエで

は、俺に温かいココアを淹れてくれた。
俺がコーヒーを飲めない事を把握していて、
そして誰よりも俺の事を知っているんだって、感じている。

「アトリ君、まだ熱いから、冷めるまでこれでも読んでみて?」
そういって、彼は少しほこりの被った1冊の本を差し出した。
「これは?」
「遠い世界で実際に起こった、英雄の物語だよ。
それに主人公の子の姿が、アトリ君とちょっと似ててさ、ぜひ君に読んで貰いたいと思ったんだ。」
「はあ…」

勧められて表紙を1ページ、ぺらりとめくった。


◇二世代オリカビ GIFT
アトリ周辺
庭師ちゃん宅の1、2、3、4さんお世話になってます。度々出てきたりそれっぽいのを匂わせています。

トリくんがこの世界の異変に気づくまで。
一つ一つばらばらな記憶の欠片が心の底に眠っていたり。(主人公補正)
時が止まっているのに気付くにはこの国の外の世界ぐらいしか知らないんじゃ。

一世代は3年経ってるけど二世代は三年遅いのはそのズレが。
二世代の国から外はそう簡単には行けないようにされていて。何を考えてるんだろうね
せんせーが一世代の英雄の物語の本を差し出してくれて、
けど最終的には先生は敵側で。なんやかんやあって先生を疑ってごめんなさいって。断片的過ぎる

章アトリ君は手のひらで灯火を魔法で出せると思う アッタカイ
アトリはその異変や事件を突き詰めるために旅に出るんだけど、全て他人のためなんだよね。
アトリ君自身の願う事はなんなんだろう んー、何人で旅をする?
アトリ君はお人好しだから困ってる人が居たらなんでもしようとするんだよ
拾ってきたトルアの世話もする

多分トルアも力を持ってて その力を恐れられて人間に拾われては捨てられ を繰り返してる
トルアって俺と名前入れ替えの一字違いだななんて無邪気に笑う彼をみて今までの人間とは違うななんて。
そしてトルアが一応年上な事を知ってなななななんかごめん…って謝るアトリ
トルアは黄色い目にピンクと白の髪かなあ せんせーは水色の目のつもり

イ空とアトリが会った時には「あ、あれ…お二人は恋人同士なんですか?」
「ああ、まあ、そんなもんで…で、そういうお二人さんは?」
ってアトリと先生をさして真っ赤になるア 一章終盤の色々終えたあとの雑談
は、はあ!?俺とせんせーはそ、そんな関係じゃな、ないで、す(自信がなくなっていく)

空来「で、一度僕らの世界を滅ぼしかけた元凶がこいつです(アイフォスをさす)」
「「「!?」」」

3ちゃんを助ける旅に出る⇒相手が強過ぎる⇒アトリぃ!!お前は先に行けぇ!!
⇒それぞれの「力」が切手となる(絵柄がそれぞれ違う)
⇒その切手が一世代に支援を願う手紙となる⇒アトリはそれを届けに行く⇒一世代つえええええ

二世代は犯罪組織なんてあってもいいかもね
すべての力が伴って、アトリは強い魔力に反応して力が目覚めるとか
アトリの帽子の赤い宝石が燃える炎のような輝きを纏っていればいい

大好きな人に愛されて大好きな人に殺されて大好きな人に触れられない感覚はどうですか

黄緑色の旅人ちゃんと、色が決まってないアトリ君の弟子さんと、多分黒っぽいカテキョさん。。
無名うさちゃんのマジキチ兄。エルカの親友の不良っぽい人。お国を纏める王子様。
ロボットのような女の子。やり残した事があってこの世にとまっている幽霊ちゃん。
全員形に出来てない!。

トリの事小さい頃からずっと見てきたのはカテキョさん>テオ>エルカ だろーなあ。
アトリが学校で問題を起こした日からカテキョさんはやってきて、
アトリを慰めるためにエルカのお菓子屋さんに連れてった
甘い物が苦手なアトリでもあの優しい味は思い出の味
アトリは軽い料理しか出来ない一人暮らしだけど ゆずにお野菜果物送ってもらったり、
テオにご飯つくって貰ったり(女子力)、カテキョさんに相談させてもらったり、
弟子ちゃんに癒されたりしてるから、独りぼっちじゃない。きっとね。

の城の中に謎があるとして、兵士になってそれを調査してるアトリの相方のキノちゃん
空来は自分の光と闇に分裂したけど、アトリはどうしようかな…同一CPとか、
大好きなのがヴァンガのおかげでよく分かった。やりーさんの影響受けるけど2Pカラー?
アトリ君 というよりそもそも二世代オリカビの知名度がまだ無いけど
空来とアトリの主人公コンビは 気に入ってる

二世代オリカビは原型の球体ちゃんのアイ空も指輪みたいなのしてて、片目が赤い。
二人共闇に侵食された跡。めちゃくそ強い夫婦、良いと思います。
空来は水 海というより 青空だよなぁ…水も風も氷も、超能力も操れるって地味にチートだなぁあ。
アトリは 暖かい灯し火 時には他人の為に燃え盛る炎。アトリは、心配性で仲間思いだけど
自分の為にしたい事が あるのかな。

っさと先生のデザインを決めたいけど、かっこよくて、かつシンプルって凄く難しい。
先生はあまりじゃらじゃらも布もさせたくないんだって思ったらアイフォスあたりがなんだか
凄く楽で良かったなーと…ぴったりだよ。

「好きになった」という甘い感情をずっと焦がして持て余した結果。 テオ、なんだか吹っ切れそう。

トリは一人で旅に出るのかなあ…でも戦闘は出来ないよね。
トルア、助けようか。トルアは武器無しで魔力のみで戦う。
通常の人間よりも長く生きてるので、そこそこ強い。
ちょいちょいいろんな人が助けに来たら良い。皆の希望なんだから!
アトリ・弟子くん・トルアは旅を進める。テオは名無しさん達側に寄る。
ディヴディスは事件の真相に迫っていく。イズトはエルカの行方を捜している。
先生は…敵側。ゆずとリモーネ、キノちゃんは強い方だから街の騒動を抑えに行くかも。
よくわかんない組み合わせ。 イズルカが欲しい。
エルカはイズトの事イズって呼んでイズトはエルカの事をルカって呼んでる。
もうそれだけでご飯3杯いける
生意気な不良っぽい男子とスイーツ系真面目男子うめぇ…

粋なキャラって、結構苦手なんです。作るのが。イメージするのも。つい汚してしまう。
そう思うとエルカはよく出来たなーって思う
企画っ子なのに絡みを考えて大丈夫か?問題だ、大丈夫じゃない
なんたって下心溢れてるからね!!!!!!!

の子の幽霊とか、この世界には珍しいとされている「コンピューター」な女の子とか、
和の国から来た 日本刀を使う男の子(職業は銭湯(謎い))とか の案がある。
いつのまにかそんな案が一人にくっついてたりなんか違うなーってガラッと変わってたりする。
アトリの家に住み着いてる 堕天使のトルア君も 仮設定では元々はアトリの敵で カニバ属性だった
フォルテを超えるとてつもないヤンデレ」になる予定だった

トリくんただの一般人だけど人を惹く力があるから
人に好かれるしなんか危ないけどあまりにも神々しすぎて汚せないとかなんとかで
深く触れて関わる人は居ないみたいな日本語が来い
つまりこれからも永遠にノンケで童貞╰(*´︶`*)╯の可能性
アトリの家がなんかたまりどころみたいでいつも人が来るしなんか泊まってたりしてる(広いでかい
電話とかパソコンとかめったに無いだろなぁ…手紙が主流だからアトリ君収入良い(?)
家の家賃の概念があんまり無いかも。

人が存在しない世界って怖くね?
親と言う概念もあんまり無くて、独り身で何処からか生まれてきて自立するパターンもあるし、
子作りをしても良いんじゃないかなあ…その辺は曖昧

ここから新しめです

トリの家庭教師の先生は
右目が宇宙みたいに真っ黒で 視力を失ってる 左目は 雲一つない空の色。
なら宇宙や空にまつわる名前にしたいけど結局アイ空の影響受ける事になる
CPにしたいようなしたくないようなもどかしさ。
一番理想だけど、もっと幸せな道があるのではないかと思うのです
闇の使いで不老不死。星を操れる。
結ばれるのが許される時が来ても、
二人共接近せずに自分達の距離を保っちゃう人だと思うから

先生との遊園地に連れてかれてただひたすらひたすら優しくされるアトリくんのお話
みんなに優しく愛されるアトリくんはお返しがしたい。
先生はなんの先生?とか言うと、いろいろ兼ねてます。
いろんな資格を持ってるひと。名前はまだ決めれません。

ノちゃんに身の回りのお世話をされて、プロンくんの無邪気な笑顔に癒されて、
先生に家庭教師としていつも来てもらって、ゆずくんから果物と野菜沢山貰って、
イズトから服を沢山貰って、エルカからお菓子を沢山貰って。
別にそこまでされる程偉大な事はした記憶がないのに、
あまりにも満たされてる生活をしてるのに少し罪悪感を感じている。
アトリは空を飛ぶ事以外の能力は使えない。戦う事も出来ない。自分探しも含めて旅に出る。

ノちゃんはお城を、国を守る兵士ですけども、先生が王である事は知らない。
兵士さんですら知らない。
先生は不死身の一人です。
年千年、何万年と過ごしていれば王になる事ぐらい、僅かな確立ながらあるでしょう。
国全体が先生の庭のようなもの。先生がここはこうしたいと思えばそうする事が出来る。
先生の魔力は先生のモチーフである宇宙並みなので…

生は料理出来ないけどお茶とか飲み物いれるのだけ滅茶苦茶うまい
エルカのお店でブラックコーヒー頼んでアトリ君にはココアね、
っていう先生にむすっときてくすくすしてる先生が「飲んでみる?」って
もーいいです先生がいれたココアおいしいんでなんの問題もないです…って拗ねる
先生(見た目年齢20代) アトリ(15)
この…生徒と教師が普通に一緒に街歩いてるって結構犯罪臭凄

12(プロン)14(ディヴ ゆず)15(アトリ ツヅル)16(トルア デゼッタ)
17(イズト エルカ)18(テオ)20(ディス 先生)
若い。うーん、ギター君は枠的に13かな……うーん死んでるしなあ(?)

しかして:二世代幸せなcp不在
いやかろうじて先生とアトリは純愛………………?????。
デゼトルは愛が伴ってないし、ディスディヴは過度なブラコンだし
ギター君恋しても叶わないしイズルカは表に出せないし、
よその子とのcpはまだ境目が見えないし……、、
ツヅルは尊敬じゃないかなあ 主従……。
うちでの真剣なのまかぷって一世代女子くらい 一世代女子マジ乙女

とりぬんがよそさんからよく愛されていて、
恋人候補として出すべきか迷ってしまう。
アイ空の後の主人公だから伝統(?)として将来的にアレなのだけれど、
貴重な主人公だとか先生と組み合わせてしまうのも
ちょっと惜しいと思ってしまうのもあり
キノちゃんも困るしアトリ本編キャラでも中々ハーレムで

空来が居るしきっと空気だなあと初期は思ってたのに、
最近好きだと言ってくださる人が増えてわあん。
でももう結局先生とアトリで収まってしまうのだと思う。
アイ空のようなものでいいです。
いつか数年後彼らも聖域と呼ばれるようなベストな組み合わせになればいいな

ここから新しめです(2015/02/15)

トリは普通の少年、がモチーフの子だったのに、
いじめられっ子っぽい設定がつきまとってしまった。困ったな

小学4年生頃にルチェの妖の力に取り込まれそうになって、
反射的に出した炎でけがを負わせてしまう。
ルチェは学園一の人気者であり、悪い噂が広まってゆき
アトリはそれから不登校になる。家庭教師として先生がやってくるようになる。
最初は人に怯え暗かった彼が友好的な友達が沢山できるまで成長する。
ルチェの妖の力…生々しい版メロメロボディみたいなものです!
アトリはそれから女性が苦手に。
キノは幼なじみだし、リモーネさんはそこらの男よりイケメンだし!

幼なじみだからって油断してしまってラッキースケベするアトキノ
峰時がNL語ってるとか明日は槍が降る

どうでもいいけどルチェは女の子でも全然いける
「私だけが生まれ持った力なんて、最大限に活用しなきゃ意味が無いでしょ?」
逆にキノは「アタシはアンタ達みたいに特別な力持ってる訳じゃないけど…、
アンタを守ってあげる事は出来る」なイケメンタイプ

チェ「私と結婚する以上どんな悪い事されても我慢する事ね!」
ルチェちゃんは……ああいうところで働いてるから……結婚しても……あんまりいい事無い(
ていうか店のオーナーしてそうだな…

働きたいって言う人でも「あのね、身体を売るって
どれだけ重い事か貴女分かっているの?見ず知らずの人に触れられるの。
それだけの覚悟はあるの?」って
まず新入りちゃんを自らの手で調教してそうだもん。
「私に触れられて不快なら今すぐ諦めなさい。強い意志と覚悟の無い子は要らないの」
ルチェちゃんは自分の生きるレールをハッキリと張り巡らせてそう
「あと、避妊はちゃんと徹底しておきなさい。死ぬわよ?」
(この国では孕んで子を落とすと汚い大人だと見なされ隔離され消えてしまう)

そういう規則が厳しい国なので、それなりにお金入りそうだね。
そんなのでホイホイ来る女を入れては追い出している。
男の子も雇いそうだけどね
ルチェちゃん職業こそ最低だけど芯のとおりの良さはのくの子一番だよ……
ルチェとアトリが再会したらどんな反応するかまだ考えてない
妖の力の回収の為に必ずまた会って戦わないといけないから
ところでルチェの攻撃法って何だ

とアトリが切手として回収した力の数々はアトリ自身使えるんですかねえ……
妖の力を使って先生を興奮させるアトリなんて非常に滑稽
炎の力/翼の力(アトリ)、潤の力(ホーエ)、緑の力(ゆず)、彩の力(コルペ)
妖の力(ルチェ)、愛の力(エルカ)、影の力(ギター)、凍の力(トルア)。
ツヅルは心を覗く力で、ルチェは超能力………みたいな何か。
デゼッタの力は未定。決まらない~~
炎をほのおと読んでもいいしえんと読んでもいい 頭悪いから決まってない
凍の力は初お披露目。 身体を永久的に凍らせ動けなくさせる。
本人の意思で溶けさせれる。 デゼッタの右手はこれにかかってしまった。
ただトルアも凄く体力を消耗する

ランのショタ先生ください(メモ)
ついでに先生のあの暗い方の目は闇の力の侵食のせい!
その前は澄んだ青空のような色!(お前誰に言っているんだ)

鳥は澄んだ青空を飛ぶ。

GIFTの物語では血が、あんまり出ないね。 ディヴは例外として。
身体的な痛みも、全然アリだ。
トルアを切り裂かずに大切にしているデゼッタは優しいのかなって思ったけど、
栄養与えてやれば勝手に出すから燃費の良い餌としか思っていないなって思って
やっぱりこいつクズ
先生はもし事件に巻き込まれても闇夜に消える(厨二)、逃げるけど
もしどうしても人を殺りたい場合はデゼッタを出すのかな。
こいつの血超まずいんだけど。とか言って血みどろになって帰ってくるデゼッタ…

い事嫌いだし、血なんて見たくもないだろうから可能性は低いが。
「僕はもう大切な人の悲しむ顔は見たくないんだ」
という言葉の裏側は闇に包まれている。
その割に僕を殺してくれなんていう先生。
貴方が死ねば悲しむ大切な人が居る事を知らずに。
彼は「偵察の為の浅い日々」を繰り返しただけだと思っていたが、
相手にとってはかけがえの無い日々を共に送った大切な人だった。
先生は自分の死の為に 幾多の英雄と対峙して
何度も殺してしまっているのだろうなあ

「違う、僕は誰かを犠牲にする為に此処に居る訳じゃないのに」

々トルアはあの錆びた鳥籠のある建物の中でひっそり暮らしていた堕天使
(近所ではあそこには魔物が潜んでいるという噂で誰も近寄らない)
そこにひょっこりルチェがやってきたのがはじまり
「…貴方、何でそこに?捕らえられているの?」
「……君は僕が怖くないの」
「それに、片羽はどうしたの…?」
「……っ」(何も言わずに首を振る)
「早く帰った方がいいよ、僕に関わるとろくな事がない」
「そんな事言われたら余計に帰りたくなくなっちゃうじゃない。名前は?名前は何と言うの?」

トルアは対人恐怖症だと思います。いつか罪を犯して、羽をむしられて堕ちた。
それ以降牢獄に息を潜めるように、彼は鳥かごの中で浅い呼吸をしている

「そう、トルア。良い名前ね。 私はルチェ。大丈夫、今出してあげるわ」
「っ駄目だよ…!この檻はそう簡単には壊れない…」
「自ら望んで此処に居る、という事で良いのね?」
「…」(項垂れたまま頷く)
「ちゃんとご飯は食べてるの?いつもどうしてるの…?」
「僕は、ご飯を食べなくても生きれる」

「食べなくても生きれるとはいえ、そんな痩せた体では心配になるわ。
これからは私がお世話をしてあげる」
「……ありがとう…。」
「何だかこうして貴方とお話すると、とても自然に感じるわ…。まるで兄妹みたい」
「僕が、お兄ちゃん?」
「フフ、そうね。少しの間、兄妹ごっこに付き合ってくれる?」

トルアは生きてきて何度も誰かに付き合わされて、
そして何度も自身の前からその人が来なくなってしまうのを、体験してきたんだと思う。
ルチェもきっとすぐに居なくなってしまう一人だと思っていた

その後デゼッタが檻ぶち壊して 「見つけた」 ってトルアを連れ去るのわたし知ってる
お見舞いに来たルチェが(……また、なのね。きっと。) って踵を返して去るのが見える
しばらくアハンイヤダメされるけど僕は戻らないといけないんだ、って覚醒して城からまた逃げる
あ~、まぁいっか。面白くなりそうだし  ってゆるゆるミトドケルデゼッタさん

「おかえりなさい、お兄ちゃん。 …今までどうしてたの?」
「…僕の事、嫌いにならない?」
「当たり前じゃない。どうか、私に訊かせて。」

身を自ら捧げて誇らしく生きる者と身を無理矢理使われて絶望の境地に立たされた者

この地点で体の一部が女の子になってるので、ルチェがその面でもカバーする
結局アトリに引き取られるけどその後もこっそりちょくちょく会いに行ってそう

ルカといいレフベルといいうちのお菓子っ子は甘い物が不得意である
空来は嬉しいなっ、僕甘いの好きなんだ~ってほわわしてるけど
アトリは一瞬目輝かせるけどい、頂きます。って平常心保ってそう
ココアしか飲めないからねでも子供っぽく見られるのあんまり好きじゃない子


敵側組(先生・デゼッタ、メネジー、リリア、ツヅル、テオ)

日本刀を使う男の子の名前がツヅルくんになった 綴!
けどGIFTの世界では漢字はNGなのよねーん つっくん!
銭湯で働いてるんん~~そして敵側の部下の一人かなー 純粋に戦闘に挑む人
下心とか恋とか愛とかなさそ~~。和の国の人
黒髪で、とっても純粋な人なんだろうなぁ ギャグや冗談が通用しないような。

組側はツヅル君とメネジー以外は外出禁止を受けてる。
giftの国の城の奥、特定の者しか入ることの出来ない扉の奥で何一つ不自由なく暮らしている。
先生は国の頂点に君臨しているのが自分である事を広めたくない人。
一般人として紛れて毎日を過ごしてる。

生は捨てられた子供達を拾って強く育てた。
デゼッタ君、リリアちゃん、ツヅル君がそれ。
デゼッタ君は砂漠育ち。水が、液体が好き。
他人の事情にズケズケ入り込んでくる容赦無い性格。面倒事は全て後回し。戦闘狂。
リリアちゃんは可愛いものは何でも集める公害モノ。性格がめんどくさい。
ツヅル君はそれに比べたら何も特殊な事は無い和の世界の者です。刀一つで戦います。
唯一の常識人なので、先生が旅館の経営を任せています。
あと一人はメネジーちゃん。手紙が主流の科学が発展していないgiftに
科学の力をもたらそうとするアンドロイド。先生のサポートロボット。

は招かないし敵側がアトリ側に会うのは終盤だけど、
先生がツヅル君の旅館にアトリ君を連れて行くお話を考えてた。
色々あって疲れたでしょう?明日はお仕事休みだよね?
じゃあ一緒に旅行に行こうか。 (´-`).。oO(この人話進めるの早すぎる)
ツヅル君がアトリ君と先生の個室を担当して、
ちょっとすれ違うだけのお話。微妙な距離感!!!!

先生「どうだった」アトリクン「楽しかったです」
先生「どうだった?英雄は」ツヅル君「なんの覇気も感じませんでした」
先生「普通だよね」ツヅル君「普通ですね」
先生「もう寝よう」ツヅル君「おやすみなさいませ」
アトリ君から溢れ出る庶民感

ヅル⇒先生は非公式だけど恋愛感情を持っているのは確か。
ただ恋愛に関して、性的な物に対して無知過ぎて、
無自覚なまま、いつかアトリと共に過ごす先生を見送る
先生は地味にスキンシップ多いから頭ぽんぽんなでなでは日常茶飯事。
その代わりに誰にだってする。先生は誰にでも平等に。
いつかツヅル君が自覚する頃には先生はもう居ない

リリア⇒14 デゼッタ⇒16 メネジー⇒18 ツヅル⇒15 デゼッタが一応リーダー。

ゼッタ君液体好き。液体ならなんでも。
トルアをあんな体にしたのも全部デゼッタ君のせい
元々デゼッタが監禁してた堕天使だったのだけれど、逃げ出しちゃって。
一応先生のもとで育ったから周りよりかは確実に強いし、
…トルアはいっぱい調教されてビッチになってしまってるのは確か。
テオはトルアと関わったけど、それは知らない。

キミも強くならなくちゃいけないねえ…って意味深にクスクス笑うデゼッタ君と、
あんな天然記念物みたいな先生が強くさせる事を出来るのか…?って思う常識人テオ君

ヅル君は和の大人っぽさの中にふとした時に子供っぽさが現れたらいいなあ
誰にでも様は付けるし敬語だけど
「うちの主人は現在外出しておりまして」って他人には自信満々に堂々としてそう
孤児の自分を拾って優しくしてくれるイケメンに惚れない訳がないだろ…
人間よりも長寿な人外がちらほら居るのは珍しい事では無いので、
そいつらが人間を育ててる。基本的に差別は無い。

側組ちゃんとデザイン練りたいのに全てにおいて納得いかなくて泣いてる
デゼッタ君は砂漠育ちなんだからアラビアンに、
リリアちゃんは気色悪いゴスロリ風に、ツヅル君は着物をアレンジした和風に、
メネジーちゃんは電子的に…ってちゃんとテーマは決まってるのに
全部が全部今まで試した事がない試みで軽く死にそう

性格やテーマが一番固まってよく出来てるのはこいつらぐらいなのに!
なおかつ自分が好きな、納得いくデザインにしなきゃいけないし、擬人化は必然だから余計に
先生はこの世界の事は全て把握していても異世界の者は異例の事態で分かりませぬ。

生は世界を支えている。いつか自分を倒す英雄が現れるまで。
不老不死のこの身は、英雄が打ちのめしてくれるまで死ぬ事が出来ない。
先生はわざと世界に災いを仕掛けて、アトリ君に魔王を倒す為の旅に出させようとしている。
いつか大切な彼と生きる事に幸せを見つけてアトリ君と共にハッピーーエンッッ

側はなんというか、死ぬのが望みの先生を死なせたくないからアトリ君達と戦うよ。
魔力が使えないアトリから魔力を誘き出すのには先生の魔力が必要。
先生は英雄… アトリを旅立たせる為に世界に大きな異変を起こす。
先生は世界をひっくり返す事も出来るけど他人に干渉する事だけは出来ません。
真っ暗な夜のまま世界の時間が止まる。大胆な事してくれましたね。

旅の中で戦って勝てれば切手を貰って、集めて、強くなって、
その時に英雄を美味しくいただく悪役。造られた物語。

生は特別な不死身の身。遠いいつかの時に闇の力に手を差し伸ばしてしまった罪。
英雄の手でしか殺められない。 先生は自殺志願者。
いつか殺してくれるその日を 気長にゆるゆると待ち続ける。
若干死んでる態度や 少し冷やかな声も 最期を望みながらこの世界に生かされてる

敵組の四人も先生が自殺志願者なのは察していて、先生が死なないように立ち向かう。
味方側は世界の異変を食い止める為に立ち向かう。
敵組は皆先生が拾ってきた孤児、少し奇妙で誰にも相手にされない子供達。
先生にすごく懐いてる。この世界の勝手な都合で親が居ない分、
先生はたっぷりの愛情で甘やかして育てた。

GIFTの国での人口の年齢の割合は未成年6割、大人2割、人外2割くらいかしら。
子供というよりかは未成年だし、性交しなけりゃ大人になるよ。

ヅル君、美人だから旅館で働いてたら大変そう
でもすっっごい鈍感だからどうにもならなさそう 少しお化粧してて、目尻が赤いといいな
ツヅル君だけが唯一の常識人だから先生にもプラスおまけで甘やかされてて
なでなでしてもらう度になんとも言えなさそうな顔でちょっと俯いて少し赤くなればいい
先生は人の頭をなでなでするのが好き

リアちゃんが「ごしゅじんさま、なでなでしてー♡♡」
で、デゼッタが「ずるいなァ、俺にもしてよ、ご主人様♡」
「デゼッタはもうなでなでしてもらえるようなオトシゴロじゃないでしょ!?」
「いいもん、ご主人様からみたらまだまだ子供だろ?」
って先生を挟んでるのをやれやれして見てるツヅル君
先生呼びは外でだけ。敵組からはご主人様として慕われてる

先生は毎日家庭教師やら医師やらで外出、
ツヅル君だけが外の世界で旅館で働くの頑張ってるから甘い
イケメンに拾われてなでなでされて惚れない訳がない

側は市松模様が目印。全員が何処かにある。先生以外はね。
リリアちゃんが市松模様のブローチを作って、テオに渡した。猫の日絵の帽子のリボンの結び目に。

トルアvsデゼッタ キノvsリリア
プロンvsメネジー アトリvsツヅルが一番好ましい感じ テオは裏ボス?

ルアがデゼッタに飼われてたという事は、当然先生とも顔見知りな訳で。
アトリが席を外した時に「…これは驚いたね」
「戻ろうよ、デゼッタが寂しがってるよ」
「僕はただの餌じゃないか もう戻らない、二度と」
「随分と反抗的になったね、英雄を傷つけないのならば、別に構わないよ」こわい
一瞬闇をつかさどる者らしくブラックな表情を見せてから、ころっと少し微笑む。

デゼッタの部屋に監禁状態みたいな。テオはトルアの顔を知ってる、むしろ世話になった。
かつて敵側に居た事も知らないし、アトリ側もテオが何処に行ったのか知らない。

ノとリリアの組み合わせは…好きです、女の子同士で戦うの。
メネジーちゃんとプロンはのちに緑組が出来そうだから()
ツヅルとアトリは、顔見知り…と、魔力が無い同士、似た者同士。

今更戻ってきてこの俺に逆らおうっていうのかい?トルア…?
じゃあ…、存分におもてなししなきゃねえ!!!
でぜとる エルカも足に市松模様がありますが関係無いです あーッ此処が一番紛らわしい

ここから新しめです(2015/02/15)

先生の名前はヴォイド(わすれる)

百年前のgiftの国は悪魔は人間よりも価値が低く、奴隷のような存在だった
テオはある屋敷の世話係をしていた 家事全般はそこで覚えた
お前は醜いと、突き放されてから身を幻影で隠すようになる
ちなみに価値が低いのは堕天使も対象内

堕天使な、性格、醜いけど希少なんだよ。天使としての能力と加護を失っただけ。
トルアは何をして失ったとか、じゃなくて
デゼッタの手で失わされた、に近い(日本語あやふや)
肉体に手を加えられたこと、全て失った事によりお先真っ暗、そのまま闇堕ち
先生の手によってgiftの国はどの種族も平等になった

ゼトルは幸せになるのかなあ トルアはイヤイヤしてるのに無理矢理絞り出される
(生々しい)cp?である。 デゼッタの良いところ(今のところ皆無)を
トルアが知っていけばなんとかなる気がする
やべ デゼッタのいいところほんと見つからない クズ以外の何者でもない
相手の意見に否定から始まる系男子 どうでもいい事にどうでもいい口出しする
なんでもかんでも「オレ結構キミの事好きだよ」とか言って振り回してる
リリアの事はリリーって呼んでる
リリアは「リリーは私の王子様だけが言う呼び名なのー!」って怒る
これは…………デゼリリ………

、水はいいよね。君もオレの部屋で浴びてくるといい。
服はそのままの方がいいな。その方がそそるだろ?

リアちゃんは王子様が迎えに来るまで純潔のまま過ごすって決めてるから
デゼッタの事は天敵みたいなもん
リリアは先生が王子様でもいいしツヅルちゃんもイイナーってなってるし
テオちゃんもアリかな!!みたいな デゼッタはころす


◇GIFTの中盤、終わり

件の後に勉強しながら アトリ君に教える事が無くなったら
もう僕の存在理由は無くなるかもね、と言う先生に あります、って答えるアトリ君。
遠い世界の英雄と対になる者は光と闇、共存して生きていました、なら俺達も。
それから色々話してアトリ君のおかげだよ、って沢山褒めちぎる先生に
そんなに褒められる事してない、って困惑なアトリ君

ううん、僕は君に沢山の大切なものを貰ってきたんだよ、って
アトリの空いた片手を両手で優しく握って、きょとんとするアトリ君の
目をとらえて、少し言葉を飲み込んで、「まだ分からないかい?」って。
しばらく静寂だけが残って握られっぱなしの手を慌てて離そうとしたら引き寄せら
「いつか君にも分かると良いな」

生はアトリ君に倒されるけど死んだ訳じゃ無く。人間の平均的な寿命に縮んだだけ。
共存、か……  って呟いて、君の傍で生きていてもいいのかい?って。
柔らかな笑顔で はい、と答える君の笑顔が、僕の心の闇にどこまでも沁みて眩しいよ。

英雄が現れる日を何年も、何百年も待ち続けた先生だから、
英雄と悪が共存する、というパターンは歴史的な珍しい現象なんだろうな。
きっと片方は死んでしまう運命を塗り替えて。
光と闇は共存してこそ。アイ空も珍しいんだろうなあ

魔力が強い人はアトリが英雄だと自然と感じる。胸騒ぎがする。
もし分からなくても どんな人も英雄に惹かれる。

かにも英雄っぽい、何処で手に入れたのか言おうとしない、
謎の剣が武器のアイフォスといかにも主人公で、旦那を救う空来。二人共英雄でいい。
ただ災いの神様が宿っちゃっただけで
空来もアイフォスの剣を握れる設定は昔からありますし
アイ空の血を吸って何かを確信するフォルテ様

の世界観で重要な単語、英雄と悪役。この呼び方でいいや。
役。作られた物語上の役。それでいい
先生は英雄に殺される役だと自覚している アトリは最後まで自覚しない

っちゃいい雰囲気の夢見てたのに最後怖すぎて寝れないんだけど…

アトリ君の過去のお話だったのに途中から変なババアに声掛けられて
そのババアから逃げてたらもう外から窓から小瓶を傾けて、
恐る恐る振り向いたら塩酸のような、
からしみたいなすげー痛いのを足から全身にかけられた…痛みまで覚えてる

私は嫌な夢を見たりすると窓付きちゃんみたいに
強制的に覚める事があるんだけど、足にかけられた直後にそれできたのね
けど起き上がったら枕元にまだババアが居て
自分の口の中に小瓶の中身流し込んで赤黒く解けていった
それでほっとしたらまた幻覚みたいに現れて
やっと強制的に現実に覚めた 夢
久しぶりに怖い夢見た…目覚めフェイントかけるとかほんとやめて…
枕元ババアマジで怖いからやめて…
アトリ君の足が…身体が溶けちゃったよお……;;

家にかくまってくれた上に話を聞いてくれたいいおじさんも
死んじゃったんだろうな。ピンポン、ってチャイムがしたのに
玄関からじゃなくてアトリが角で、、隅っこで隠れてる側の窓から
腕だけ突き出して小瓶を…ああああ

はあ…今枕元確認しちまった 怖すぎ
アトリ君の夢なのに感覚はっきり覚えてるのは
私の身が自己投影されてたからです 夢は覚えるタイプだし
私の夢特殊だからもう… こうしてうちの子の夢見る事滅多にないから綺麗に収まって欲しかった…

トリ君が昔偶然出会った男の子とホモホモしかったのが非常に良かったのですが
その部分の内容が抜けてるからクソ ババアのところ忘れてくれ
けど男の子が此処ただのお店屋さんじゃないよ、って言って
照れながらギターを後ろに隠して店に入りかけてた
ギター披露してくれたのかな 可愛い

後一瞬アトリ君がその男の子にキスしてたようなしてないような…
すっっげ思い出したいんだけどお!?アトリ攻めぇ!?
…ハバアは忘れたいけどギター持ってる男の子は案に採用させて貰います……。

ギター君(仮)はとりあえずgiftの世界に残り続けてる幽霊の少年。
日陰の場所でのみ見えて日傘を持ち歩いてる。とか?
夢の中でギター君(仮)はやたらアトリを連れ回してたんだよなあ。
アトリの幼少の頃のお話にするか

と喧嘩して家出してきたアトリと
「家族ってとてもあったかい存在だと思うよ、僕はもうお父さんもお母さんも居ないもん」
、って言うギター君(仮)
こんなに遠くに来ちゃったんだ、ってじわって不安になるアトリ君。幼さ故。
送り返されて、ギター君(仮)と過ごしたのは1日にも満たない、そんな出会い

giftって本当に愛し合ってるcpは未だ無いね
ディスディヴは哀れみで、デゼトルは餌、後は片想い、なー。
ほんと、片想いばかりで肩重いです。はっはっは。

来は女性的な美しさだけども…アトリは少年らしさを大事にしたいんです…。
空来は女の子を描いてるような気分で描いてます……
男である意味を問われたら泡吹いて死ぬ
空来は魂の半分が女の子だもの…
アトリはやっぱり…結婚してほしいよね…女性と 
既婚なのに先生に食べられるアトリ君…?(まだその設定消えてなかったのかよ)

ろどろデゼトル 彼らの宝石飾りの形は菱形 特に深く考えてない
あとディスさんの帽子の飾りが先生の奴と同じなんだよね 怪しい

トリは英雄オーラ?というか秘めてる魔力がとてつもないから
誰も深く(恋愛まで)関わる事が出来ないけれど、
ギター君はずいずい攻めてくるタイプ
迫られて拒否する系ホモは今まで無かったなあと思いつつ
周りに殺してやるとか思われても既に死んでるもの

ギター君は幽霊だからそりゃ消える事も出来る
先生とのちゅっちゅを見てたのにも関わらず質問攻めすりゃあいい

先生は事件が終わった後一度だけ 一度だけツヅルを抱いてる
愛じゃなくって度が過ぎた優しさで行為に至ったのが二人の共通点…。

ター君はきっとアトリに口づけすら出来ない
落ち込むギター君にごめん、って何故か謝るアトリ君微妙な空気ホモ好き
ギター君は喪服っぽい何か
giftの世界で迷った子供をあやしたり家に送り返す幽霊
家出してきたアトリが英雄だという事にすぐ気付いて、そして惹かれていったのも感じていた

ギター君は既に死んでるから年齢は上がらない+目が死んでる
日傘とギターは装飾の宝石の魔力が働いてにょって出てくるんじゃないかな 魔法で
見た目12歳くらい…。おませさんなのは一応泥棒したりご奉仕したりして
子供達へのお金を稼いでるから
ギター君は受ける方は好まなくてただ、その、抜いてあげるだけのお仕事ですね!。
giftの世界は大人が汚ければ子供も、汚い

声は、少年らしさと鋭さが合わさった感じがいい。
あまり上下せずに、感情が抜けてる声
トルアと違うところは人間に怯えないところと容赦なくせめるところ

不死身のショタだけどフォルテのように心が成長しきって
大人びて腐ってる、って事はない ギター君はまだ子供…マセガキ!

ター君は影の力。生前から影に潜んで身を消すことが出来る力があった。
死後でも実体があるのは影の力があってのこと 日向だと消えちゃうけど

ルアが好きなものはミルク
意味深…。水分取らないと体液は出ないから多分そのせいでしょうね
アトリ君は アトリ君のモデルになったキャラは
朝食にベーコンエッグトーストが無いとぱっとしない子だから多分そんなの

トルアの身体は薬のせい。多分このまま進めば腹の中にとんでもない器官が出来る
孕んでしまうう…。ディヴもモブに薬を盛られたしgiftほんとに危ない世界だな?

供が溢れかえってる、男女で子をおとしたら消えてしまう、
だとかでヤっても消えることがなくかつ若い、という理由で
giftの少年は狙われやすいのでしょう
自分の身は守らないといけないよ、
そう思えばアトリは無防備にも程がある…
消えるのはきっと先生が国を歪ませたからだろなあ

ルアはお腹痛い時おなかさすられると落ち着くけどそこが性感体なんですよね…
デゼッタに開発されきってら…あと薬の効果が詰められてる部分だし
先生は医学面でもしゅごい…そして助手に科学面ですごいメネジーちゃん…
とんでもない薬…ハッ
先生の自室はテオ以外入れない 無駄に広くて真っ暗で薬品くさそう せんせえ…
テオ今何してんのって言われたら 魔力高めてる(てきとう)

ルチェはイタリア語の甘い、ドルチェから。
トルアは生理のイタリア語のメストルアツィオーネから。

章あたりで女の子嫌いを克服するために
まず女の子の気持ちになってみればいいのよ!って無理矢理女装させられて
混乱しまくるアトリ に先生がやってきて
キ「あ、せんせー!このアトリどうですか??」
先「…あ、えっと… いいと思う、よ」
ア(もう死んでいい…)

イフォスさんが未来の物語で星の魔王。というか神。
先生は宇宙をモチーフにしよう。闇属性だね!そうだこの国の王様にしよう。
とか重ねていったら自然とアイフォスに似ていた。
ぎふと2、3章あたりで黄粉餅宿側の人達との共闘とか見たい(言うだけ)

アイフォスと先生が星の魔王、空来が月でアトリは太陽、
という例え方イタイけど気に入ってる。
もにゃもにゃ考えてたらラスカさんと先生知り合い説浮上してきた。
やばい。ラスカさん黒幕臭すごい

チェに襲われかけて咄嗟に魔力が漏れて炎出して火傷させちゃってから
あとりんは自宅で家庭教師の先生と勉強&大人しめの性格
ルチェちゃんが今身体を売ってるなり襲われた過去なりで
先生と恋人になる事にぐぬぬぬって頑張ってると良い

にも知られてない筈なのに2さんが謎の水薬持ってきて
ディヴちゃんに解析してもらった結果
媚薬と漢方精力剤だと判明した謎の話考えて一日が終わりました
ぎっしぎしやってる時にピンポ--ンきて先生が慌てて出たから
シャツが乱れてるのに気付いたディヴちゃんが
「あっ…その、全然構いませんよ…!むしろ、えっと…」
って言ったところでやっと先生にディスディヴばれます

ア「あの、何で何も言ってないのにそんなモノを…」
2さん「えっとね~、アトリと先生を見てたらあげなきゃ!って、ピンと来たんだよね~」
((胡散臭い…))

ィスさんはブラコン拗らせてづかづかディヴちゃんの家に同居です
弟が薬漬けにされてメンヘラだったらたまったもんじゃないけど
お兄ちゃんもお兄ちゃんやで
ディスさんのしっぽをもふる
ディヴはしっぽ出してるけどディスさん絶対ズボンの中にしまってるわ
あの人にからかわれない為(あのひと

GIFT勢が箸を使ってる名無しさんを見て「何あれ凶器?」ってなりつつある中
ツヅル君はこれは…もしかして○○の器…?とか
自分以外の和の国の人達と文化にテンションあがってそうっていう話をですね
アトリ側と敵側が入り乱れて絡み出すのは1章終わってからだからある意味仮定の話

んとなく名無しさんがお遊びで「一緒に暮らす?」って聞いて
ぴくってなるツヅルとか4日ぐらい前考えてた
いえ、主人と待たせてる家族が居ますから…って
丁重にお断りするのにも関わらず(泊まる位なら…)ってなってそう

「…に『愛』があれば、僕はきっと、平気で傍に居られる」
「じゃあ教えてよ 君が知った『愛』ってモノを さ」
デゼトルは愛が伴わないから 逃げてきてアトリ達と共に過ごしてきて知った愛を
愛を知らない彼に教える番
デゼッタは何処かの国の貴族だったんだろうけどあらゆる液を求め過ぎて
ぐっちゃぐっちゃやって牢屋に入れられてたところに先生が拾いに来たのかな

リリアも外出禁止の一人だけど
頭の中で動かしたら案外いい子で何が悪いのか分からない 毒針?
ツヅルは 本当に普通の和の国の少年なんだ
刀の使い方も自力で習得した特殊な事は何も無い子なんだ
きっとこんな世界じゃそんな子供は溢れかえってるだろうに
先生は何故その子達を拾ってきたのだろう 力を伴ってるから?

ター君が先生が大昔過ぎて忘れてしまった分の記憶を覚えてて
アトリ君の前で公開処刑

ター君は無性みたいなもんです
先生の息子がギター君 というのは昔から考えていた。
身体を実験に使われ継ぎ接ぎ。闇に潜むは影。
まだ幼き頃に亡くなってからも先生の自らの意思で幽霊としてこの世界に居座らせている

役の息子 影も自然と英雄に惹かれてゆく
親子共々愛されるなんてアトリったら
じゃあ先生は誰と…?って話ですね  あえて挙げるのなら レント

ついでに影と彩は対立する存在 コルペとギターは仲が悪い
ホーエ、ギター、コルペは特別長生き(一人死んでるけど)で、
今まで、何百年単位で先生に立ち向かう英雄を何人も見守ってきたのだと思う
ホーエの紹介文で待ち続けている、というのはいつか自分の前に現れる英雄の事

界に散らばる チカラを持つ物からその魔力を分けて貰わないと
悪には勝つ事が出来ない)
全て集め損ねて殺められたり、それでも適わなかったり。
魔王は待ち続けた 自分を葬ってくれる勇者を

不思議な力を持ち英雄と呼ばれる者も 深い闇を手にし悪へと立ち回る者も
時間を掛けて何度でも転生し 
世界にはそんな運命を抱く事になった者が複数存在するのだと 思う

い長い時を得て その中でも空来は月 アトリは太陽
奇跡的な完成度の英雄が同じ時代に二人もこの世界に存在する
悪を抉いたところで、この先にどんな未来が待ち受けているのか 誰も知らない

空来は月 アトリは太陽 これは完全に後付けの例えだけど
先生が宇宙モチーフで生まれて悪役となって
(アイフォス【星】と対になる存在になって)
その二人に刃向かう事になるというのがなんだか面白かった

ここから新しめです(2015/02/15)

段相手にしてるのはお客様と城にいる家族(のようなもの)だから
友人のような関係で名無しさんと接するのに人見知り発動するツヅル(寝言)

夜限り抱かれて、一度眠ってしまったら御主人様は目の前から消えてしまうと
分かっていながらも瞼を閉じてしまい、ふと目覚めたら隣の温もりは消えていて、
涙がつーっと頬を伝うツヅルちゃん
今まで一度も泣いた事が無いツヅルには余りにも不可解で、止め方も分からない。

生はアトリに倒されてから本当に神出鬼没になった
自分探しの旅に出るように、忽然と居なくなった 城にも戻らない。
寿命が縮んだことにより先生が今まで遮ってきた物、
記憶はやや解放されつつある中でツヅルも一つの件を思い出していく、とかいう

城の4人は自由になったが、それでもなお主を求めている
もう戻らないと、諦めかけていた頃に 旅館に顔を出すものだから。

先生は不特定多数を愛そうが愛される自覚はめっきり無いから、
ツヅルが自分に恋愛感情を抱いていた事はとても驚くのだろうな。

会してから何故か耳掻き。膝の上に主人の頭を乗せて。
御主人様に触れる時、前から原因不明の火照りは感じていたが、
此処まで熱くなるのは初めてで。熱っぽい息が漏れて、手元が狂う。
旅館の係員の個室、小さいけれど生活できる程度のものは揃ってる。
ツヅルちゃんは耳かき必須である
ツヅルちゃんとか言ってるけど声のイメージはむしろ低い方

生は意図してツヅルに恋に関わるもの、
そして性的な知識を教え込まずに育ててきた。
かつての和の国で男娼として水揚げされる前に、先生がツヅルを引き取りに来た。
勿論ただではなく、金はかけたが。
彼でなければならない理由もあった。その少年は中でも虚ろな瞳をしていた。
先生は彼の一部の記憶を自身の闇で封じ込め、
彼に武士としての新たな人生を与えた。
ツヅルは一部の記憶と先生と出逢ったきっかけを忘れてしまっているが、
ただ何かから救ってくれて、とても大切な人物である事は分かっている。
記憶は封じ込めてあるだけだから、いつか彼が大人になる時、思い出すだろうと。

夜限りの先生とのおデート(?)で心を覗く力を使って全て
を知ってしまったツヅルに「……見てしまったんだね」って
眉を下げてぼそっと言う先生と御免なさい…って震えるツヅルちゃん
先生が今本当に想っている相手は自分じゃない、って事知っちゃうのつらい。

生から僅かに匂う生々しい匂いを察知して
「へー珍しい。で、誰とヤったの?」ってズケズケ聞いてくるデゼッタ。
「してない」「こんなに匂うのに?」「してないよ」
「ふーん……?ま、出来ないのは知ってるけどさ」
って悪戯に先生の股間掴んで流石の先生もデゼッタに
ゲンコツ食らわせるの下さい(めも)
「御主人様のxxもいつか飲ませてよ? そういう日は遠くなさそうな感じだし?
あー、アトリのも気になるなあ。英雄はどんな味がするのかなあ?
ツヅルとかうまそうだよねぇ。ね?」
「僕はともかく二人に手を出すのは決して許さないよ」
「本気にしちゃって全く~」
究極の変態です!
貴族での生活に飽きてきて舌も肥えた頃に血液に出会ってしまったのが始まり

ィスディヴは将来的にお別れする。
ディヴは唯一心から信じていた兄に否定されて堕ちる。深く自傷をする。

の時はお前の身の為だと思っていたが、今のお前には何の為にもならない」

ィヴの薬漬け:いわゆる麻薬レイプ。
脆く砕けた体のまま路地裏で息絶えるか否かの間を彷徨っていた時に
偶然生き別れの兄に拾われる。
触れられるだけで、抱えられるだけで、
体が崩れ落ちてしまいそうな恐怖に襲われて、低く呻きながら泣いている
目が合った時から気付いていた。この人は僕の兄だと、
この人なら僕を救ってくれると信じていた。それと同時に恋心にも揺られていた。
お風呂に入れられて身体の汚れを流されて、
本当は、ちゃんと愛されて行為に至るまで触れて欲しくなかった中も掻き出されて、放心状態。
全部全部見られた。僕の汚いところを全て見られてしまった。
悲しみと深い絶望感と、 薬が抜けないまま
あまりにも無力だった自分、そして最中がフラッシュバックしては吐き気を感じている
暴れないように、自分が自分を殺さないように兄は身体を縛る縄を持ってきた
それを優しさだと捉えた
幻覚を見ないように、思い出さないように、傷を埋めるように
兄は僕に話し掛けてくる 視界がぼんやりしていてうまく見えない
舌が回らない それでも兄は僕にお腹はすいてないか聞いてきたり
トイレに行きたい時は縄を解いてくれた

生々しいね。・・・
一人じゃうまく力が入らなくてまた泣きそうなディヴに
手を貸してくれる兄だけど、それすらもまたディヴは恥ずかしくなって、
それと同時に兄はきっと何とも思わずしてくれているのだろうという
気持ちに苛まれて、また心が縮こまっては暖かくなる繰り返しをする

い麻薬から、奇跡的に回復したけど、消えない一部の傷から自傷癖がバレる。
回復しても尚こんなにも脆い心をしている事に
兄は驚きと同時に少しの苛立ちを覚える
ディヴは完全に兄に対する想いを「愛」だと思っていた
もっと違う形で、違う場面で、触れて欲しかった
兄、ディスは弟の家でしばらく過ごす事になった ちゃんとした自衛を身に付けさせる為だった
ディヴはいつしか思いを打ち明けていた 兄は何も言わぬまま弟と身体を重ねた
ディヴは生きてきて一番幸せだった
兄はこれで満足するだろう、これでお前が間違っている事を証明できるだろう
そう思っていた

つか お前のそれは「愛」ではなくただの「依存」だと言い放ってから
弟は何処かへ消えた。全てを裏切られたような顔をしていた。
何か言いたげだったが唇を切れそうな程噛んで、震えていた
これで間違いは無かったのだと、自分に言い聞かせるのに必死でいたのだろう。
相手の事は何も考えていなかった

とえ依存であってもそれがお前の愛の形なのだと、
もしその時に言ってやれば
こんな事にはならずには済んだのだろうか、ディヴ…。

私 第三者視点で語るのが大の苦手デス…。
感情移入しちゃうから、キャラ視点の方が圧倒的に書きやすい…。
(その方が綺麗だとは誰も言っていない)
いつのまにかころころ視点が変わるのも悪い癖です。ヒイン

言葉足らずで不器用な兄と 自分に自信が持てない弟
言い放つのは、一章終わって二章ぐらいから。
一章ディスディヴは互いにすれ違いながらぎしあんしてるよ。

一章(アトリの幼少期から 先生を倒すまでのRPG形式)
二章(丸く収まってから 新たなチカラの切手の存在や 人間関係が大きく動く時)

いでに二章は コルペ ジャック セムナ
その他里子ちゃんが新規キャラとして出てくる。。
ついにアトリがホモになったり、トルアがほぼ完全に女の子になったり、
テオが女装やめたり、ディヴが病院に搬送されたり、わりと好き勝手カオス。
もし三章があったら、それはきっとHOMEとGIFTの交流です。エヘヘ。
アイフォスと先生がアトリを見て「やっぱ空来に似てる!」
「やっぱりアイフォス君と似てるね」
って同時に言ってきょとんとした後ワハハするほのぼの…。

チェは体売ってるけど誰よりもメンタルが強い女です
生活の為と自らの為なら生まれ持った力は最大限に活用する

giftは本編を始める前に1年位の前置きが欲しいと思ったけど、
それは今私が物語を動かさずにぶつぶつと考えているせいだ。同時進行でも問題無い
城のバルコニーから青空を切り開いて暗い星空の天蓋を創り出す先生は
きっととても美しくも禍々しや。
giftの国周辺は丸い結界 時の流れが最も早い国とされている
反対側のhomeの国は時の流れが最も緩やか

か色々考えていく度に 先生が主人公だっ!!ってなる。 総攻め主人公先生……
先生はgiftの国のごく平凡な子供だった 戦争が絶えない国だった
彼は大切な人を沢山亡くした 苦しくて、戻りたくて、
世界を変えたくて、闇の禁書に手を出してしまった
ショタ先生は戦えない無力である(アイフォスと同じパターン)

生は闇の力を持った以降実験や調べ物に篭ることが多くなった
力の制御が自在になった頃のはたちで
自らが宇宙のような 強大な闇を利用して時の狭間をこじ開けて過去に戻ろうとした
時の番人(シオン)のお怒りに触れて制裁を受ける 不老不死になってしまう

セムナはその当時の国の王女かな。 屈する光。王女はもう力を失っていた
先生は貧しかったから元々名前がなくて、セムナに付けてもらった名前。
セムナの限界が来て、光が闇を求めて、先生が王の座を継ぐ。
彼は鎖国させ時の流れも緩やかに、無駄な争いを起こす大人は外へやるようになった

つしか先生も限界が来て、自殺願望が芽生え始める。
そして英雄の物語を知る。国の外にいた特殊な「力」を持っていた子供を3人
(デゼッタ リリア ツヅル)を拾って育てる

光と闇の親玉が持つ力はフォルテとかの人外並みに優れている
セムナ様は小さい島の神殿で力の回復期間かな

局アトリという人物の繋がりから
無意味に関係を作っていってしまうクセは治らない
アトリ君は最終的に知らない人なんてもう居なくなるだろう。
GIFTの終わり 月と太陽はセムナの手によって永久的に封印される
その輝きを手にしようと足掻く者が消えるまで
星と宇宙はふたつの大切な光を奪われてしまう

GIFTの一章のラスボスが先生なら最終章のラスボスはセムナさんです
闇の禁書を手にした者と光の伝書を手にした者
闇にも光にも種類があって、まるで生き物のようにその者に纏わり続ける
禁書と伝書は幻の存在で、ある時、強く、願えば 開く。
闇は病気のようなもので HOMEの世界にも存在するが(レイド)
光は今のところセムナ様とxxxだけ

うん、僕は君の事を昔から知っているよ。」
不思議な笑みを浮かべた少年に腕を引かれて薄暗い路地裏を駆ける、駆ける。
遠い昔に見た背中と景色。

の間の紫髪のあいつは散々メモで呟いてたホリックって名前の男性なんだけど
あいつが光と闇のシナリオを立てて楽しんでいる闇の張本人 もとい神
この説明文だけでこれだけ厨二満載のキャラが居ただろうか
ついでにエリックは光の神だけど実体を持てないから
輪廻転生する人の魂に乗り移って生きている
ずーーーっとずーーーっと昔のお話なので殆ど故人だし何よりもキャラデザがしんどい
名前は直感だけ
HOMEの世界にも GIFTという物語の構想を考える前から
なんらかの神が二人居る予定だったんだ けどずっと考えてなかったから
この二人でも配置しよかなって

の闇を継いだテオが世界の条理と法則を壊す。
彼女の光を継いだクロムが世界に光を照らし虹を掛け、散る。
英雄と悪の物語は終焉を迎える
「闇と光の宗教だか何だか知らないが、こんなものもう終わらせてやるさ。
もう誰も不幸にしたくないんだ」
『あー、わたしももう、いいかなって!最高のハッピーエンドを迎えられたからさ。
きみの手で断ち切るんだ!この呪縛を、シナリオを。
きっとエリックだってそう望んでいる筈さ』
光と闇の輪廻の法則が生まれたのは
闇の神と光の神のただの思いつきと暇潰しだったという。
繰り返される物語の中で、同じ立場で、どれだけ面白い物語を見せてくれるのかな?

によって描かれたシナリオだと思われていた物は、
ほんとはもっと上の者が思想していたものに過ぎない
先生は運命に命じられていたから、動いていただけ。
何度死を望んでも、戻れない。死ぬ事の出来ない。それは神にとっても誤算であった
誤算を惜しんだ神は唯一世界で闇の時が止まった呪いを断ち切れる
『英雄』の存在を作り出した。星の加護を利用し、星の数だけ何度でも。
最後に力を振り絞って作り出した太陽の守護の篭った魂は、眩しい人でした。

先生とセムナは闇と光の司る者であって神ではない
セムナが長寿なのはその宗教を信じるものによって生命力得てるから
どっかで聞いたことある設定だから破棄したい…
だからって今まで殺してきた人の分とか光の人の癖にむごいしどうすりゃいいんだ。
くー、だがしかしこうしないと教会とかある設定の理由が成り立たない…
宗教が何なのかすら分からないくせに無理するから~~。

トリは最後に手紙を残して死んだ 空来は25歳で死んだ!
アトリの家は大きいし共用みたいなものだから皆のものを置く棚みたいなのがある
そこに一人一つずつおいてある


◇テオと先生周辺 ※重たいです
(テオが闇の力を手にしてしまいもう普通ではいられなくなって、
そんな時先生が自分の元へ来ないか、と誘ってきて
敵側組と過ごす事になった前提で語っているところがあります)

の死は世に知らされる事も無く、自ら闇に、永遠の眠りにつくことを選んだ。
決して死んでしまったという訳でも無く、眠り続けている身体が腐る訳でもなく、
自分の身体の時がぴたりと止まったように、眠っているだけ。
泣き腫した目が痛々しいと笑いながらそっと髪を撫でる者が居る。
禁じられた闇の力は人の精神を、そして肉体を蝕み続ける。
その静寂だけが残った部屋には、闇の空気が充満していた。

生、テオは、テオはどうしたんですか… まさか、」
「…大丈夫、大丈夫だよ」
そう言って不安そうに震える彼の手を包み込んで、安心したのは僕の方だったのかも知れない。
「先生がそう言うんなら…大丈夫ですね」
彼は僕の手を優しく握り返して、精一杯の笑顔をつくった。
何故僕はそこまで信用されてしまっているのだろうか?
いつか僕が、君を裏切る日が来るとは知らずに。

う、ただ俺は前のように気が向けば寄り、
淡々とした会話を交わすだけの関係に戻りたいんだ。
曖昧で迷ったままの気持ちで良かった。
そのまま時の流れに身を任せておけば、
今歪んでしまった俺はきっと存在していなかったのに。
歪んだ事で自覚したこの想いは、お前を困らせるだけだろうか。

気無くテオが店に来て2さんが久しぶりだねって言うけど
なんとなく闇の匂いを感じていたらとか
かごの中に居る1さんから目線をやっぱり反らすとか
または2さんはアトリの所に居て店番をしてるのが1さんだけで
ドギェッッってなるテオとかなんかずっと考えてますすいません黙る
「あ……1……っ」って目を逸らすけどしばらくしてから合わせて
「…ごめん」って言う急な乙女

の匂いというか、死の匂い。
規模が大き過ぎる闇を味方にしてしまって
死ぬ事も生きる事も許されない先生と同じような原理
テオの闇は蓄積し過ぎると仮死状態に近い状態になる。
闇を吸い取られ過ぎると魔力が鈍る。
程よく発散、先生に吸い取られる事でテオは今でも動ける
テオは先生が知っている分の世界の裏側、ストーリーを全て知ってしまっている。
英雄もといアトリに関わる事は禁止され、 やや拘束され気味
死体を無理に動かしてるようなもん

生は裏側で薬や人体の実験してたり
科学の力をこの国に普及させようだとかしてるのは
この不老の中で色々こじらせたものの名残なんだろうな
「以外だな、お前がここまで他人に手を差し伸べるなんて」
「そうかい?僕は君が思っている以上に、悪い人だよ。」

きっとテオの中の感情は既にいくつか死んでいて
コミュ障のごとく焦る事も涙目になる事も無くなっている

2さんとテオが半年ぶりに外に出て話すだけの話
気持ちが纏まらなくて1さんをやたら避けてしまう分
2さんに謎の安心感抱いてて(前はいつも怯えてたのにな)ってなるよくわからない話

前は風邪ひいてなくても風邪薬買ったりトルアの痛み止め買いに来てたのに
今は睡眠薬や栄養を補う系を選んで買うから随分変わったなみたいな
お店に来て誰かに話をふっかける前に何か商品を買っていく礼儀はある
1さんの話題出したら急にうろたえるから あっ(察し)

アトリの家にテオも住み着いてるんだけども、
2さんがお薬届けに来た時にただ互いの生存確認?を確認するだけの話と
また前みたいに一緒に出掛けよう?
見返して改めてこの関係は神無ノ鳥を彷彿とさせる と思った
レンジャクルートだ

う駄目なのだろう それでも安心したい 何も変わっていないのだと、
たとえそれが偽善だったとしても」
嗚呼、それでもこの身の時は止まり、世界は動きつつある
その結果が報われずとも、俺が歯車を動かさねばならんのだ
ただ信じたい 昔のように それでいいんだ
悪い夢を見ていただけだと、全てを忘れろと闇は今夜も夢の中で囁き続ける
甘い幻想の刃を突き立て心をまた抉り取ろうとしている
夜が明けていく 痛みさえ快楽と化して
やっと俺は今 生きているのだと 気付く
今は柔らかな灯火の元で 氷は徐々に溶かされていっている
何も恐れる必要はないのだと 何故早く気付かなかったのか

だ、少しだけ その残された時間の間 傍に居ても迷惑じゃないかな。)

ここから新しめです(2015/02/15)
前が1だったらよかったのに」
「フフ、随分と酷い事を言うんだね」
「お前が俺に優しくするせいだ 俺がお前の記憶を覗いた事と名無しの事は関係ないのに…、
どうしてそう付き纏うんだ」
「僕自身も少し過保護過ぎると思っているよ。けれどもう二度と君を失いたくないからね」
「…?」
カップリングのように見えるけど彼の見つめる先が消えない限り
可能性はない。ただの組み合わせのひとつに過ぎない

トリの家に住み着く部屋も 先生の城に住み着く部屋も とても質素で
目立つのは白いシーツのベッドぐらいだと思う 作曲は出来なくなってしまっている

市松模様のブローチに意思を込めれば先生の城の部屋とアトリの部屋を
テレポートで行き来できる
なおリリアちゃんがいじった結果別の謎機能も搭載してある模様
先生の魔力とリリアのアクセサリーを作る技術と
メネジーの科学力が合わさった代物
ああ、市松模様を身につける事は先生の足元にひれ伏す、所有物の証でもある
縛られているのに変わりはないが支障でもない
いつでも助かるように救いの可能性も与えよう

生がテオを無駄に大事にしたがるのは前世が先生の恋人だったという事と、
物語を知ってしまった以上自分の手元にあるというだけで、
テオは自分の事を見ていないのだと分かっていながら流される。

意も時には傷になるのが何故分からない?」

先生とテオはある程度思考や感覚が共通している存在 
お前はもう少し他人の事も気にかけた方がいい、俺に構うな
今僕が目の前から消えたら 君はまたこの世から姿を消すのだろう?
テオは二人の善人に挟まれた中立した存在 優しさが心に痛い
それでも結局自分が大事なんだと思い知らされる

似ている、似ているから駄目だ  近いから駄目だ  触れるな…
には………分からない)
(家族以上の仲だから、身体を重ねてもいいものなのか…?
それは、恋人同士であるからこその行為では無いのか…?
家族を持たない俺には、…理解出来ない)
嗚呼、お前はそんな顔も…するんだな。そんな言葉も、囁くのだな。
そんな感情を、彼に抱いているのだな……。
俺は宙に手を伸ばし、足掻き、それでもなお妬く事しか出来ない様だ…。

お前が彼に向けるその眼差しを、そして愛しいと想う気持ちが、
もし俺に向けられたのならば。
黒く汚れてしまった今ではそう想う事しか、出来ない。

――あの時導き出された運命のように、お前に愛されたかった。
その愛しい名前を呼びたかった。もう時間が無い。
さようなら、俺が愛した人。 …亡咲……。

き延びる事だけが幸せじゃない…
それはお前が一番分かっていると思っていたんだが…。」
彼は今も血塗れた花が開き乱れるその胸に、そっと指先を添えた。

今の記憶を持ったまま一つの可能性である違う世界線
(一年前以上、好きになる前、闇を患う前、物語を開く前、営みを目撃してしまった後)

に飛ぶと手にケーキの箱を持って店の前にいる自分が居る、
扉の奥の彼に気付かれる、生憎店主は薬を届けに行き彼一人であった

おや、有難うございます。今日は定休日なんですよ、と
彼がケーキを保管しに向かうと同時に客を招く様に奥の部屋へ案内される
普通に話している事が夢のようだ
自分がいつも以上に大人しいのと、帽子のリボンに付いたブローチを見るなり
彼は俺の異変に気付くなり一瞬笑みを消した

この世界線の自分は店主に異常な苦手意識を持ち泣き虫だったようだ、
今にも想像出来る話だ 話を詰められる。
「今日の貴方は、本物のxxではないですよね」やはり洞察力が鋭い。
どう、言えばいいのだろうか。俺はお前とまた出会う為にこの世界に来たのに。

「馬鹿な話だが、信じるか」
「…ええ。今の貴方が何者で、何しに来たのか、知りたいですね」
嗚呼、探りを入れるつもりがまんまと探りを入れられている。
もし、この世界線の彼に今の俺の全てを、見据えた未来を、話してしまったら。
この世界の未来はどうなってしまうのだろう。

俺の言動一つで世界が壊れてしまうかも知れない。
それ程重く降り掛かっているのに、負けて口を滑らす。
黙って聞いていた彼は、一頻り聞き終わるなり薄く妖しい笑みを浮かべていた。
彼なのに彼ではないような、そんな錯覚も覚えた。
が、本当に彼は今目の前に居る。信じるしか道は無かった。

「未来の貴方からそこまで私の事を想って頂けているなんて、光栄です」
何処まで本当の言葉なのか、この世界の彼は分からない。
結局元居た世界の彼の言葉を鵜呑みにした俺には彼の本当の思い等見抜ける筈も無いが。

ぐ、と腕を引かれる。この世界の彼はやや強引だ。
「貴方の目的は、"これ"なのでしょう?」
ああ、そうだ。こんな下心に塗れた俺なんて、抱いても何の手応えも無いんじゃないか。
元の世界線の俺だったら、もっと違う反応を楽しめただろうに。

「もしかして、こういうのは初めてですか?」
……未来の俺は強姦によって既に失っているが、今の俺の身体はまだ純潔なんだ…
多少の嘘を吐いて目を逸らし頷くと、腕を握られる手の力が少し緩んだ。
「童貞で処女、なんですね」 こんな単語をきっぱり言うのか。俺の知ってる彼と違う訳だ。

—「俺とお前の居る世界、そして立場と運命が食い違う限り、
俺とお前とは幸せに、なれないんだな……」
「すいません、私にはどうする事も出来ないのです」
前にも、この様に断りを入れられ、露草色の髪を撫ぜられた。
あの時は大きく取り乱して逃げたが、今は穏やかな気持ちで受け入れられる。

髪を撫でられていたその手に、自身の手を重ねる。
大きくて、それでいて体温の低いその手。
今、今だけは、"恋人同士"に見えるだろうか。
そんな想像は俺にとっては愉快なものだった。
俺にとっては。彼にとっては、一体何になったと言うのだろう。

「お前にとっての俺は、どういう存在、だったんだ、俺は…お前の役に立っていたか?」
そう訊く。「最初は、可愛らしいお客さんだと思いましたよ。
私達は貴方が居なければこの世界を把握する事も、
私の主が新たな幸せを見つける事も無かったでしょう。
貴方と出逢えて本当に良かったですよ。」

…俺によって彼等がこの世界の情報を得れたなら。
あの者達が新たな幸せへの道を開けたなら。
それだけで俺は充分、此処に来た意味と、存在意義は、あったのかな……。
何故だか凄く瞼が重い。
「ふふ、お疲れの様ですね。少し、横になりますか?」
「ああ、そうだな…」
…幸せな夢だった。

の彼はこの世界から魂を断ち切る直前、
その鎖をこの世界で一番信頼していた者に託した。
その彼はもう一度息を吹き返すと、知った顔はもう既に居なくなった世界。
そして彼は特殊な夢を見るようになる。
かつての闇の彼が自分に伝えたい事が詰まった夢の世界を。
かつての闇の彼の切り離された膨大な記憶は全て、
夢の中の大好きだった人に良く似た幻影が手にしている。
闇の彼の意思で夢の世界にだけ現れ、道標をしているのだろう。
言動も温もりも、酷くかつての彼に似ているのはその彼が創り出したものだからだろう。

めのなかの1さんが先生の記憶から作り出されたもの
見た目は1さんで中身は先生の記憶
先生は記憶を捨てて転生した その記憶をその夢の中に残した
テオが永く眠っている間に物語は終焉を迎えて、いつかヴォイドが転生して、
まだ命のあるデゼッタに国を率いる権利をバトンした
テオの魂は燃え尽きず、生かされたままだったので
ヴォイドが世界から消え闇が散らばった頃にまた引火し目覚める事になる

んだ筈の彼が見ていたのは長い夢だった
城の住民と戯れるのも、アトリの元へ帰ってこれたのも、
また、愛されたのも闇の彼が見せた夢だった
自身が死んで、世から居なくなった事を察させないように、彼は墓の前で何度も夢を見せた
彼が死んだ時系列はアトリが旅に出たあと、
先生とアトリの物語が一旦終止符を打つまでの間
実質死んだのではなく眠っているだけだからと、
けれど幸せな夢の終りを迎えてから、相手との心の交信が途絶える
見知った顔の人は居なくなったあとの話

せな夢の内容はこの間話していた前世の1さんとあれ(上記)。
結局最期まで本当の彼に触れる事は出来なかったけれど幸せでした
目覚めた後のテオは無欲、少し気が触れているようにも見える

の中は真っ暗な空間 頭上には宇宙が見える
いくつか扉があり、それは今まで見ていた夢の続き
もう会えない人に逢える部屋だと、愛していた人に良く似た彼は言う。
それでも首を横に振る。
きっとまた寂しさで押しつぶされそうになるだろう、
この扉の向こう側へ行くのは自身の最期にする、と。

闇の彼は自身の命が燃え尽きようとも親友にとっての優しい世界を提供し続けました
その優しさがつらくも愛しい
優しすぎる空間で、また羊を数えて眠る
夢の中の1さんは自分から話し掛けたり触れる程干渉してこない
テオが話し掛けたら返すだけ 手を繋いで欲しいと言われたら繋ぐだけ
互いに無欲なので少し触れているだけでいい
テオは1さんに触れているというよりヴォイドに触れている感覚を感じている

「なぁ、アインス……俺はもう幸せだぞ…?」
「貴方が本当の夢を叶えるまで、私は傍に居る、と誓いましたから…」
「なんだ…、もう、いいのに……。」

扉を開けたらアトリとかリリアが会いたかったよって
抱きついてくるのかと思ったら地味に鬱  最後の扉は薬屋の扉

の命、いつまで生きれるんだろうか、あと何回夢を見て、お前に会えるだろうか……。
本当に会えた時は、幻影は静かに消えて居なくなる
先導するだけの存在なので
ずっと言えなかったんだ、って笑顔振り絞って「大好き、」って言う
「………それだけ、」って帰るかもしれない

まとめ方がわかんねえ……初恋があって 失恋があって
眠って そして夢の中の世界でいろんなパターンの夢を見て、
また眠って そこから先2ルート全部やって 先生転生して テオ生き返って……

いでにアトリの家は生き残った友達が管理しています
テオは城にお迎えされてすぐに死んだ 城の住民と親密になる前に
なのでそれ以降の日常は全部先生が見せたもの

テオは厳密にいえば逃げてきた上にモブに強姦されて精神壊して死んだ(えぐいよね)
死んだというより闇に精神を完全に蝕まれた

リアにお洋服着せ替えられたり、デゼッタに半分奪われたり、
先生と深夜コーヒー飲みながら何気ない話をしたり、外に出て星を眺めたり、
縁を切ったはずのアトリにまた会えたり。
楽しい夢だった

ツヅルの旅館に泊めてもらったりもした 紫陽花の髪飾りを買ってもらったりした
幻影の下の本当の姿を見せたりもした 偽りの愛を囁いたりもした
闇に蝕まれる痛みに苦しんだりもした 体調を大きく崩した日もあった
ずっと一人で生きてきた故、看病される事がこんなに嬉しい事だとは思わなかった

彼に悪魔ではなく"人"としての人生を、
たとえ夢であっても歩ませてくれたのは以ての外でも無い彼でした

後の最後に気付く、これは夢だと、幸せな夢を見せてくれているのだと

ついでにテオが夢の中で見る夢は、1さんと色々する夢
いつも殺されたり酷い言葉で突き放されたりして目が覚める 幸せな夢にたどり着けない
夢の夢の中の彼は冷たい目で見据えている
闇で蝕まれた心に、無理やり夢を見せているので負担がかかっている

生は毎日毎日お花を持って、墓に語り掛けている
先生が最も恐れる事は親友の理不尽な死

生き返ってからテオの中の闇は大人しい
先生がいくら闇を司っても負担ではなくむしろ魔力に生かされているように そんな体になった

のちにみんなのお墓にお花を添えに行くテオ

トリの家には個人個人への絵手紙が残されている そして絵日記も
家の管理は任せるとか、伝えたかった事いろいろ。
手紙で泣き疲れてアトリの家のソファーで眠る。その日から特殊な夢を見るようになる。

夢、なのか…?扉がある、開く。真っ暗闇しか見えない。
足を踏み外してしまい、落ちかけたところに誰かに腕を掴まれる。
大好きな人に良く似た、誰かによって引き上げられる。驚きが隠せない。
「そこは貴方の心に僅かに残った、悪意ある闇が生み出した死の溝です。
どうかお気をつけ下さい…。」って
道標さん
すぐに本物の1さんじゃないって分かる辺り何かが違うのだろう

夢から覚めたら誰かによって毛布がかけられてたりする 誰も居ないのに。
1さんは夢の中でしか会えない

しかし終わり方が分からんな 寿命が燃え尽きる頃に本物に会って終了か
我が儘を言うなら、次は同じ世界で一緒に居たい、なんて
無くてもそれはそれで泡に消える恋
嗚呼、ずっとその名前を、呼んで欲しかった……って笑い泣きしながら眠って消える
自分もずっと呼びたかった名で呼ぶ 亡咲、って、消え入りそうな声で

「ああ……そうか……、見送りに来てくれたんだな……、嬉し、い……」
ってぼろぼろ泣いてる
これで悔いなく逝けるね

今度は 大好きじゃなくて、してるって、言うよ

道標さんは霧のように消えたり出来る
中身は先生の記憶だからなあ 言動もそれっぽい

くわかんないけどアルプス一万尺して遊んでるテオと道標さん(?
「退屈だから遊ぼう」「ええっ」
「折角二人居るのだからアルプス一万尺でもしよう」「ええっっ」

さんがお墓参りに来たら、
見えない霊体が 来てくれたんだね、って亡咲さんの頭を抱えるように包み込む
人を沢山殺してきた人が死んだ人のお参りをするってのもなんだかくるものがある

國へ帰ったらおかえりーって空無さんと抱えられてるちっこい山吹が居るんだろ……
山吹を見据えて、「ただいま、あの方は元気そうでした」なんて言う亡咲さんください(?

オが触れていたヴォイドは全て夢の中の彼であって
本物の生きている彼に触れる事はこの生涯二人共叶わない
皆居なくなって今更崩れ落ちて 触れていたかった なんていうのも
二人共生きてる間に触れる事ができなかったのに確かに恋してた
傷を癒すものと癒されるものの末路
ヴォイドとテオは共依存だけど不思議とさらさらしてる
未来に別の恋人を見据えているからか

傷口があまりに深くて流れてくる血が止まらない日は それを塞ぐ為に擬似的な行為もした
いくら必死に止血しようと互の見ている人物は違う 全て夢の中

つか生き返された方のテオが死にたいけど彼に貰った命捨てたらいけないって境目を彷徨って
夢の中なら死んでも大丈夫だ…そういえば自分は何で死んだんだ?
と消された記憶を辿ってるところに道標さんに後ろから目を塞がれる様な

小説の方では禁じられた物語を開いたのが死因だけど実際は自殺だと思いました

「死にたいなんて、言わないで下さい」
普段自分から行動を移さない彼【道標】が昔言われた言葉そのままそっくり
絞り出す声で 自分を庇うものだから
何でもう、会えないんだ、ヴォイド……
って崩れ落ちて相手の袖を摘みながら胸の中でいつの間にか眠っている

こんな事になるならお前の事を互いに生きてるうちに先に愛しておけば、
なんて思うけど亡咲さんへの想いが無いと成り立たない
それに亡咲さんへの想いも先走りする一方
互いに死別して心や記憶を蘇生させてすら互いを想ってるのに本物に触れれる日は来なかった

死んだテオに夢を見せてる途中から2さんの件で揺れるようになる先生に
テオが気付いてわざと突き放す態度取るテオとか

12/25 追記

を食べるなんて ヒトらしくない自分を嫌いながら
それでも先生が週に一度「おやつ」として白の皿に綺麗に盛り付けた花を出すものだから、
茎を摘み花弁を1枚ずつちぎって口に運ぶ様は滑稽です

先生はエリック(テオ)が人の食べ物に手を付けずに植物ばかり食べていた事を知っている

花を口にする度にどんどんジブンとしてのカタチが崩れていくのを感じながら、
それでも物思いに更けていられるから拒まない

夜中に薬屋の前まで来て戸を指先でなぞるだけ
小さく息を吐く猫の隣で白衣のポケットに手を突っ込んでその様子を見るだけの先生

この戸の向こうにすんなりと行けるのは自分の方なんだなとか思いつつ
ずっと戸の向こうに目線を向けてる彼の横顔を見つめるなり
「戻ろっか」「まだ帰りたくない」「こんな夜中にやってるお店なんて何処にも無いよ」「それもそうだな」

捏造するなら、GiFTと名無しさんの繋がりを絶縁しかけたから
その間はお店が現れる事も気配を感じる事も無かったから、
今 夜中に様子を見に行ったらちゃんと其処に薬屋が存在していて
その現実を確かめるように指で触れる人と安心する人の会話

今後共何事も無く昼間にその戸を開ける事の出来る人と
真夜中でないと戸の前に行くのすら恐れ多い人の気持ちのズレ

気まぐれに外出する猫と誰も居ない暗夜のお出かけに付き合う魔王の姿は滑稽だなあという何か


1さんとテオ関係は考える度に自分が悪かったなって自己嫌悪に浸って
テオは自宅で看る用にしようって思う(その結果先テオが生まれたのだが)
けれど先生は2さんとかなり重要なcpを組んでるから、
二人も面倒見てられないかなって思って

何も出来なくてテオは1さんと先生をあっちいったりこっち行ったり
先生は多方面に万能な攻め様になっちゃって処理が出来ない

テオの為に先生と並ぶくらいの攻めキャラを作ればいい話なんだけどうまくいかない
自宅でcpを新たにさせたところでそれでテオは1さんの事をちゃんと忘れられて
そしてテオ自身が幸せになれるのかって面もあります
先テオの為に先2切るのもばかばかしいっていうか、
完全に普通に客観的に見た優先度は圧倒的に先2の方が強い
けど近くてなんとかなる人物は先生ぐらいしか居ないよねって思う

先生関連のCPは多すぎていちいち脳内のスイッチを切り替えるのに
時間が掛かるから成るべく数を絞りたい
先2が完成度の高すぎるCP故。

でもなんだかんだ言いますが自分で考える1テオは
濃厚な絡みよりも傍にいる程度の距離を考えるのが1番楽しかったです
触れない距離が一番良かったです
よければ触れない距離で居させて頂いて、いつも通り先2もさせて頂ければ幸いです

テオが受けとして全く可愛くなくて萎えるからなんとかしたい

………………攻めにすればええんか?

精神的受けは実際攻められたら喜ぶんじゃないかな。ねえ先生
テオが攻めになるなら割と先2と分別して考えられる!不思議!
にしても二人共薬やってるし何か本当にきたねーな
じゃぶじゃぶできる程浸け、では無いけれど頭痛薬とか精神安定剤は少し
あと媚薬とか感度が高まる薬の方が使用量多いんじゃない、と思う
攻め喘ぎが激しい攻めと喘ぎやしない受けとかただの背徳
先生「下手くそだね(笑)」 テオ「うるっさい!!!!!!!(怒)」

まるで本物の獣のようだ、まぁ悪魔を飼ってるんだから
身体を売る位は仕方ないか……とかぼんやり思う先生

元エリックに掘られる先生って考えるとなんかもう
ほんとにセフレって感じだなみたいな冷たい行為ですよ
互いに向き合う人の方向が違うのもあるけれど

でもいつか本当に言葉に出来ないような悲しい時があったら
すがれるのはきっとこの人だけ、みたいな部分もある

先生がたまに騎上位になってテオはや、やだ!って振りかぶるんだけど
あっけなくいっちゃって
「本当にそういうの辞めてくれないか………」
って情けな…ってうずくまる攻めテオはウブで可愛い
せんせは疲れた様子も無く可愛いなあとか言うものだからくそだなと思っているテオ

また新たな土地を耕してしまった
早めに埋め立て作業しないと手遅れになる
手遅れ テオだけに HAHAHA!!

セフレでもアトリの前では何気なく振る舞うのあかんわ
たまにテオが先生の横腹に肘入れて先生その場で死んでる

傍にたまたま居た2さんに
「あれ位やってもいい、ただの死んだふりだからな」
「いやマジで痛そうなんだけど……?」みたいな会話


れだけならば良かったのに) (俺は、もう。)
途中には夢現が介入してきます。(=強姦)

それを夜明けの中で明記するにはあまりにも、って思ったから省いた
自殺したのも本当で死にかけてたのも本当、
というか先生が呼び戻した地点でテオは既に夢の中。これからは楽しい夢を見よう
夢現はそのまま凍えて死んだENDだけど一種の分岐という事で


◇先生と空無さん

?ヴォイドの意味は虚無 そして空無さん   アッッッ
虚しい空かあ そうかあ
先生もといヴォイドは空というより宇宙ですな 宇宙と書いてそらと読んでもいい

が今生きて、此処に居る意味をそこまで知られてしまってはね…。
そしてもう会う事は無くなるのかもしれないんだろう?

先生が犯した罪は重い。結局世界は、国は救えず、憎む人間も居る。
だから人間として生きる名前を閉じた。隠した。
大罪を背負った彼は今も歴史に囚われ続けている
2さんは外の人だから、知られても問題ないというのもある
誰にも教えないと、秘密をちゃんと守るだろう。という信頼も込めて
先生は死刑級の罪を犯しても死ねませんから
大切な人を沢山見殺しにしてしまったのに
今も尚この心臓が動き続けているのが苦しいんだ

もし生まれ変わったら、闇に覆われていた右目は晴れた青空の色になるのかな…

生は元々そういうのには鈍いけど、望まれるのなら。求められるのなら。
相手が苦しいのなら。もしかしたら相手の為になるのなら、
自身の身も投じるのだとおもいます
「へーえ……珍しい…。今までに嗅いだ事の無い、生々しい匂いがするなあ…。」
で、だーれ?(にっこり)
(捕まりたくない子に捕まっちゃったなあ…)
「無責任にやった訳じゃないよね。御主人様ならちゃんと色々考えてやってるよね。ね?」
先生ぐぬぬぬ
「ずるいなぁ。俺なんてトルアが居なくなってからずっとヤってないのに。…ねぇ、良かったの?
あんまり人に情入れ過ぎちゃ駄目だよ。後戻りは出来ないって、アンタなら何度も学んでるだろ?」
「うん……、」(今日の僕は、彼の優しさに甘え過ぎてしまった)
(今更謝りに行ったって、彼の優しさを否定してしまうのと同じじゃないか。)

「あぁそうだ。 …責任はちゃんと取りなよ、最期まで。」

(僕は、人を愛する事が出来るのだろうか)
純愛じゃなくて親愛である、愛に限りなく近い何かである
彼は本気で人を愛した事が無いから、分からないのだ。
彼自身さえ、◆の意味を、まだ知らない。

12/25 追記

先生は愛想笑いしか出来ない

先生が死んだ直後、國に転生してくるまで恋煩いしてる2さんに
お茶と茶菓子を出してお話しようとする1さんか4さん
また逢えるけれど、あの直後冷めていく体温と冷たい手は本物だったから、みたいな



◇エリックとホリックと先生と白ちゃん

争真っ只中に生まれ親は生まれつき死んでいた
孤児院で育った その中に親友、エリックが居た 当時は非常に珍しく称えられる天使として)

身分が違うのにも関わらずエリックは***(名前が無い)に懐いた
いつも興味深そうに、丸く大きな瞳でじっと見ていた
周りから変な目で見られようともエリックは動じなかった

戦が悪化した頃、子供も兵に駆り出されるようになった兵に出される前日、
「僕ね、***の事が一番好き。ご飯よりも、遊びよりも、お勉強よりも、***が一番好き」
彼に頬に口付けられる その意味を知るのか否か、
今でも分からない笑みを浮かべていた それが最後の言葉だった

全てを亡くして感情の失った彼は闇の主に魅入られる
霊体の主ホリックに闇の権限を託され契約の証に右の瞳を塗り潰される
(その時酷い痛みがある。) それからホリックの姿は見なくなったが、
もしかしたら心の闇に潜んでいるかも知れない

【君は引き換えに他に何にも替える事も出来ない膨大な力を手に入れた!
さあ、君の手でこの堕落に満ちた世界を変えて見せてよ!】

ホリックは無駄にテンションの高い 面白い物があればそれでいい
ヴォイドを使って高みの見物

戦争は収まり国は鎖国しましたが心の深い傷が癒えた訳でも無く。
彼は篭って色んな雑学を勉強するようになる 闇の使用法も全て試した

そのまま体が20の齢になるまで、ずっと。

もうこれで怖い事は何も無い、過去に戻って世界を変えてみせる、と意気込んで
異次元の扉を開けたがシオンちゃんのお怒りに触れて時の制裁で一生成長ぜず不老不死の体にうんぬん
それに酷く絶望し生きる光を失った彼は何度自分を殺めようとも無駄でした

それを醜く思ったホリックは一つの本を書きます それがgiftのシナリオです
彼が彼自身が、死を選ぶ選択肢のあるシナリオ、法則を作りました。

***は当時の国の光の王女 セムナと対面し王位の座を譲られる。
そしてヴォイドという名を授かった。それがGIFTの始まりになるのか。

「その名は遠い神話に基づき恐れられた呪縛による名です。
人の前では決して発してはいけません。」

何故そのような名ではなければならないかと? …それが運命だからです。

遠い遠い数えられないくらいのいつか昔にも、「ヴォイド」が居たのかも知れないという話
今までもこれからも廻り続ける物語

リックの主体は魂。彼は色んな生き物の魂として転生し続けて生き、
傍の者に光を与える エリックとしての人格が表面に出て転生してくる事もあれば、
記憶の奥底に埋もれたまま一人の者として生まれてくるのもアリ
また、前世の記憶を持つ者もあり

先生が受けたテオの口付けはあの頃、あの時の感触と同じままなんだよ(どうでもよい。)

ホリックとしてはエリックは実体を持たないから今どうしてるんだろーと思ったら
自分が先を託した闇の傍でまた転生している事にわくわくしていたらよい

「こりゃ計算外だ。彼等は私の物語にとってイレギュラーな存在!
名前なんて必要無い。そうだな、名無しとでも呼ぼうか。」

名無しさんの本名を呼んだら呼んだ者すらイレギュラーになってゆくのかな
その頃から山吹と名付けていてそしていつか大人になって再会しても
山吹と名付けられる そして互いに既視感を覚えるけどまあいっかになってたら(もうそう
山吹として転生したのはイレギュラーになった結果とか
ホリックが良心でシナリオを書き換えて繋げてくれたよ
そしてまた憑く先の闇を探しに行く それはエリックの魂
彼等は初めて一体となり輪廻は途切れ破綻してゆく

リックの本質が光なのにも関わらず闇を患ったのは異例
きっと前世の悔いが実態となって生まれたのでしょう (天使→悪魔)
テオ(エリック)は魂が実態なので、悪魔なのにも関わらず
魂を持って生まれてきます(普通の人外は心臓の鼓動、魂を持たない)
きっと亡咲さんに殺されたならテオという者としては本望だし、
エリックとしてはまた数年魂を取り繕わないといけない上に
ヴォイドとまた再会出来るかも確率低い。ヴォイドとしてはまた彼を守れなかった。

生はアトリに後ろから抱き締められてもあやすだけで
ツヅルも頭を撫でるだけで
テオもただ身体を預けるだけでデゼッタも最終的にはわざと嫌われて
皆影で泣いてるんだきっと 先生罪な男

から見える割れた空を見て
「綺麗でしょう?けれど、僕にとっては虚しいだけなんだ」とか言うのかな

過去にも何度かこの異常気象は存在していて、数日、数ヶ月で晴れる
(先生が英雄が旅立つ日だと判断した日から空は堕ち、
まるで青空が硝子の様に割れ欠け落ち みるみる宇宙が国の空を覆うような景色になる
先生が英雄を殺してしまった、また英雄が途中で死んだ日には晴れる)


標さんは先生の記憶の塊というよりも闇の神様であるホリックが
現実世界に干渉する為に生み出した、人の夢の中だけに出てくる幻かもねって思ってる

ホリック―ヴォイド―道標―テオ のように糸を引いている
殆ど幻か同一人物とかで4人揃う事の無いカルテット

物語のシナリオを執筆するのはホリックで、鑑賞(干渉)出来る人物は
先生と道標さんとテオだけだなとかも思っていて
名無しさんというイレギュラーな人物を物語に組み込む(書き込む)為に
1さんの姿をした影を生み出してテオの心に干渉させて話を引き出そうとしている

ホリックは様々な可能性の物語(平行世界)を執筆しているが、
本書は一つだけ(notパラレル、もとい本編)それは自ら筆を動かさずとも日々文字が刻まれてゆく、
私達はそれを見守る事しか出来ないのだ。
テオは夢の中で本書から飛び越えて平行世界へ干渉する事が出来る
それが元の魂のエリックの力だったから
闇の神は膨大な量の物語を見守り 光の神は様々な可能性の世界を見渡して
本書を最高のENDへ導く為の道を探している
あの時こう言えば良かった。こうすれば良かった。という後悔を減らす為の裏方の作業、救いの道
都合のいい世界、それは全て虚無の快適な終の為に

まさか宿主が不死身になるなんて思ってなかったもん(ほりっく)
いつまでもループする世界

ホリックはエリックを実の孫、息子みたいに見てて
(*'ε`*)チュッチュー危害を与える奴はゆるさーんって感じで
先生もテオ過保護馬鹿だしテオは道標さんと1さんしか見てないから何これ

標さんはまさに標識だよ棒立ちだよ
桜の木の下で本編の本書読んでるかちぎられた平行世界のパラレルの物語を読んでる
にしても大きな桜の木の下なんだなあ大きな桜って名無しさんの世界にもあったなぁとか
GIFTの世界での出来事だけど、夢の中でだけ名無しさんという人物を描く為の
シナリオの影響を受けてるのかも知れない
真っ黒な空間だけど桜の木と床に落ちた花弁と人物はぼんやりと光って見える
何も無いのは寂しいかもって道標さんが申し訳程度に設置した桜(

いうか何で24さんにシナリオ漏れてんだっけ??
眼で見れるものじゃないよ()移動中の空間でホリックと戦闘でもしたんか(?
「ここから先は立ち入り禁止だよ~ん☆さっさと戻れよ(低音)」
その本編のシナリオの記憶を得たからその世界線に介入できたのだと予想
ホリックさんは後ろで舌打ちしてるけどね()

「駄目だ駄目だ、異端者は関わる事は許されないぞぉ☆」
多分名無しさんは時間も無くて引き返せない状況だったのだろう(
のちのちにあんまりヴォイドは甘やかしたく無いんだけどなぁ~~~~とか
ぶつぶつ言いつつ先2ルート書いてるホリックは面白い
あいつは都合のいい時に弱みと権力振りかざすから…とかぶつぶつ言ってる

シナリオを書くインクは毒のような色をした闇のインク。

ホリックは霊体だからお空の上というかジゴクみたいな所に居そうなので多分絶対友達居ないでしょ
地上の民の夢に出てきたり、ユーレイとして背後霊みたいに
先生に話しかけたりしてる(先生は霊感が強い
先生が1人の時に独り言で「うるさい」とか言ってたら多分それ何かのホリックじゃない?

先2ルートに突入せず、そのまま本編を正規ルート(先生×アトリ)で終えると、
庭師さん宅の2さん(名無しさん達)は、國へ帰れば皆殺しされてしまうらしいです。
白の天津神として魂、概念のみ生き残った天津神 通称白ちゃんは
現世に存在しない空間を漂い続けていると、「GIFT」の全ての物語を執筆して
動かしているホリックの居る空間へと辿り着いたのでした。


やおや、君も興味があるのかなってホリックは話し相手が出来たのを嬉しそうにしてそう
ホリックも霊体だから概念だぞう。
身体が一部霧のようになっている(闇)(黒い)(闇)

何も無い空間だが、一人で居るよりかは退屈しないだろう、って
闇で出来た真っ黒なロッキングチェアを創り出す

ホリックは国の、世界の人々の心の闇によって霊体として留まる事が出来ているけれど、
いつか光と闇の輪廻の鎖を打ち砕く者が出てきたら、その概念すらも消失する
だからホリックと天津神(亡)さんが一緒に居れる時間も少ないかも

1度滅びた肉体は戻ってこんだろう、とか自分語りしながら(ホリックも元々人間でした)

エリックは肉体が滅びる度に度々現世に転生するけど、
ホリックは物語を高みの見物しか出来ない存在で、
数十年に1度還るエリックの魂に触れる事を唯一の楽しみにしている
数十年版の七夕みたいなものだと思って

ホリックは半身であるエリックを愛人の様に大切に扱うし魂を持つ者も贔屓する
魂に触れて、愛でて、また知らない誰かに宿る為にその魂は彼岸へ羽ばたいてゆく

物語を繰り返す(先生が英雄を倒してしまう、殺してしまう)度に
エリックの魂に触れられると考えれば、
ホリック自身は悪い気はしないのだ(先生の気分は悪くなるけど)
魂の宿る相手はエリックもホリックも決められない
来世の英雄の傍に居て、支えとなる者にその魂は宿る

先生はずっとエリックを探してきたけれど、
先生の眼にその魂の温もりや感触が分かる筈も無く、すれ違う、すれ違う
テオに宿った闇が同じ闇を誘発して、
先生はやっとエリックの魂に深く触れ気付く事が出来た

あの時僕を救ってくれたのは君だったんだね、って
ぼろぼろ泣きながらテオを抱き締めるけど、テオが憶えている筈も無く、
それでもテオは戸惑いながらも、
その驚く程に子供の様に胸の中で泣きじゃくる彼の髪を、そっと撫でる

先生は(見殺しにしてごめんね)と


リックは正真正銘ノンケだろうけれどなんかめっちゃ天津神さんとホモさせたくて困る
彼の事、好きだったかい?って突然先生の事聞かれて
体が跳ねる天津神さんありませんか そうですか

「私は彼と君が幸せになる未来、あっても良かったと、思うけど。
想像を描くならば誰だって出来るさ、そしてそれを実現化するのは私の役目だ。」

君も書いてみるかい?君が描く世界を。って
羽ペンを天津神ちゃんの手元に創り出す

そうかい?私から見る限り気があるように見えたが……
まあ過ぎた事だな。って半分ぶっきらぼうに

箇条書きでも何でもしてくれぇ?暇潰しにはなるだろう?(にやにや)

悲しむ必要は何処にも無い。
君がこの世界で幸せになれる道は必ず存在していたさ、って慰める

正規ルートの天津神さんとホリックが書いた
もう一つの可能性が先2ルートだったという何かをしたい

無理をせずとも、此処は私だけの世界だ。どんな可能性も受け入れる世界だよ、って

不意打ちで紙をひらっと取り上げておぉ~~君はこういう事を考えるのだね!!
新たな可能性に満ちている!!私と一緒に執筆しないか?とかなんか言いそう
ホリックは基本変人だから………
変人に優しさを期待してはならない()

ここ数日で新たな可能性開拓し過ぎじゃない??耕し過ぎて畑広すぎて世話し切れないよ???
おいしいけど(バッギムショッムショッ)
収穫だーー!!!!!!
萌え語りのこの自分で作って自分で食ってたまに隣の畑の同じ品種を食いに行く感じ

ふははは☆なんだ、可愛い顔もするじゃないか☆

テオの左頬の*は、エリックのEを隠してるのかも知れないとか思った、今はどうでもよいけど

ほりっくと天津神ちゃんは何もしてなくても耽美感ある

意外な行動を起こす人は大好きだし面白いものが大好き
ちょっとしたギャグでも笑い転げる 笑いの沸点が低い 頭軽そう アホそう アホ

「もう既に死んだ身なんだ。天国位、極楽に過ごそうじゃないか」

ただ気分の上下が激しくて機嫌悪い時もある
(物語が良くない方向に行くと頭ガリガリ掻いてる)
八つ当たりはしないけど話掛けてもいいことは無いだろう

ホリックはエリックを可愛がる時の癖で
天津神ちゃんをいきなり抱きしめてぎゅーぎゅーしてそう
「嗚呼!白くてちっちゃいからついつい!」
期限悪い時とかむしゃくしゃしてる時に
うわあああんって抱きしめたりする(無意識)
和国の者が奥ゆかしいというのは本当なのだなあとかニコニコ笑いながら言ってる

ホリックは高いヒール履いてるからさらに高い

あ~~いいねその顔!!いいね!!!みたいなのいちいち言ってくるホリック
めっちゃ張り切って実況するよ羽ペンをマイクに見立てて(小指たつ)

残念なイケメンです 暇さえあればストレッチしてら
ホリック「ゥヴッヅヴンッッッ(ストレッチする時自然に漏れる声)」
天津神ちゃん(朝のおじいちゃんだ)

君はちゃんと誰かに愛されてこの世界で生きていたよ、って凄く優しい顔で声を掛けてくる
思い出は消える事は無いよ。誰かの心の中で、君は今も生きている
ああ。きっと、君の事を大切に想う人は必ず居るさ、って頭をくしゃっと撫でる
ホリックは目を細めてやっとこちらを向いて改めて頭を撫でる

数十年経って、先生の魂が彼岸へ還る時に、天津神ちゃんも先生にやっと触れれたらいいね
「この世は輪廻転生で成り立っている。
君が強く望むのならば、きっとまた何処かで出逢えるさ」

ホリックは執事パロとか和パロとか、様々な世界線を書くんだろうな
その分先2ルートの2さんには沢山幸せになって欲しいな

ホリックは天津神さんを哀れんで、(過去の自分を見ているようで)
救いの手段としてきっとこっそり綴っていったんだ

様々なルートが分岐する本棚の末端に、そっとその物語を差し込む。たとえそれが異端だとしても
ホリックという空間と概念は消えても物語は本として世界に残り続ける、廻り続ける

君に幸あれ

理想の世界を書いてく内に涙がぽろぽろ出てきて必死に拭う天津神ちゃん………
ほら、やっぱり恋をしていたんだね、君は……。って優しく微笑むホリック
来世まで幸せになる事を約束してる辺り本当に幸せになりたい世界なんだなって

「イイよイイよ、恋心は全ての原動力だ。いいねぇ、ウブだねぇ、好きだよそういうの!」

ホリック見た目25くらい

根はいい人だよ 変人だけど
面白さを求めて天津神ちゃんの反応が見たくて唐突に服を脱ぎ出す位には変人だけど
いい感じの筋肉のつきかた
ズボンのベルトをわざとらしくカチャカチャ鳴らし始めた所で本気で焦り出す天津神ちゃん
あっははー★★★冗談だよ★★★★★★(ズボンに親指を突っ込んで)
ぶっハハハハーーって爆笑して半裸で転げ回ってるからこの人
現世だったら逮捕されてた

ところで先2ルートってえっちぃ要素あるけどあれ絶対ホリックが書き足したろ

後で読み返した天津神ちゃん「!?!?!?!?何で、こんな、!!!」
清々しい顔のホリック「愛が生むもの!!それは一つしかないだろう!?」
「だからって!!!!!!!?!?」
いいありがた迷惑

正規ルートのテオは別れの日に預かった1さんの着物をずっと大切に手入れして、
また会えるのはいつだろうか、あと何年後?いやもしかしたら明日かも知れない、
って想いながら過ごしてるんだろなあって思うとこちらもこちらで報われない

ホリックも世界から心の闇が消えたら居なくなるし

元の金具に3つ位鍵が掛かってる 金具には3つ穴がある
頬のHは血垂れのように書くのを意識したお
右目と右頬は前髪でちょっと隠れるぐらいがミステリアスでよろし
羽耳の◯はピアスなんだけどね(貫通してるようには見えないね
フードにしたらなんか弱そうに見える・・・・・・・・・エリホリのアイデンティティが

ホリックは白天津神ちゃんの体内の魂と先生の燃え尽きた魂を
同じ世界に転生させる物語を最期に置いてこの世を去りそう
叶わぬ夢を見てさまよえる魂を慰める為

ホリックは救いの為に、様々なパターンやルートの物語を複製してきた
今まで付き添ってくれた天津神ちゃんへのお礼だよ

ただそれは所詮パラレルで、主軸となる本編には抗えない
けれど夢を見て、そんなパラレル、平行世界の存在に気付く事が出来た者が居たように、
例え夢だと分かっていても、夢と現実の片方しか無ければそれは一つの現実と化す

テオは幸せな夢の中で眠り続けるENDもある
ホリックは彼らの魂をそんな夢に溢れた物語へ送り込もうとしている

何故そんな事を? 本編のお話は終わったからですよ。
何も気にする必要は無い。これからどこに行ったっていい。
…夢というよりかは「天国」という言葉に近いですね

「Hahaha!しかし私の毒は甘いのです。これが決して貴方の為になる優しさだとは限りません
貴方が毒に蝕まれるのを拒むのならばこのシナリオは燃やしましょう。」

ホリックは中毒 彼が毒そのもの
私に触れるとヤケド…もとい、毒になりますよ★(キャッチフレーズ)

庭師さんしかGIFTの物語の全貌を知らないからほんとはもっと形にして
庭師さんみたいに色んな人に感動してもらいたい(?

ホリックの鍵が3つあるのはgiftが3章構成だから
3冊本編の本があり、一つずつ鍵を開けて執筆してゆく
1章の内容がもれたのは執筆しようと鍵を開けて本を開けた瞬間に
強いエネルギー反応でもあったんじゃない(?
ホリックと同じ種類の強力な闇を通す事によって
よりその情報量は漏れだす(ホリック=先生→テオ) 2さん4さんは神効果………(?)

【小さな贈り物を全ての者に平等に 例えそれが毒薬だとしても】

毒のように、「薬」も大きなテーマかもしれない
まあ子供の手に薬が行き渡るほど危ない世界だったんだけれども

「酔い続け踊り狂うのも悪くないかも知れないぞ?なんせ私は既に狂っているからなあ」

ホリックは毒しか生み出せないから 決して光にはなれない闇だから
闇だけれど、所詮毒だけれど。出来る全てを君に捧げよう

全ての物語を終える頃には 皆幸せであれるように。

今までは本編という敷かれたレールを進む事しか出来なかった繰り返しの世界が、
闇と光の法則が1人の英雄によって破錠したならば、もう何もかも苦しむ事は無いのだ

本編を繰り返す法則を壊したのはアトリだけど
光と闇の格差と繋がりの歴史を断ち切ったのは 光の魂と闇の心を持ち合わせた者
テオは縁の下の力持ちみたいな感じなのであまりきにせんでー

その転生先は別人の誰かになってるかも知れないし、
前世の影も形も記憶も覚えていないかも知れない。
けれど彼等はまた巡り逢うのだろう。いつかまた何処かで物語を執筆する誰かによって。

うむ。エリック以外の誰とも会えない けど毎日下界の様子みてるから寂しくない
ホリックはきっと自ら独りになる事を選んだろなあ
毒である自身に触れてくる者でも居ればどんなに大切な人になったって毒に苦しんでしまうから

強い光によって毒に掛からない、互いに無害な存在はエリックだけなのではないか
きっと天津神ちゃんは光に限りなく近い存在だったんだよ

(*TーT)bこちらこそ悩んでいたホリックを掘り下げる機会をくれてありがとう

ホリックは凄く楽しんでる
たまに白ちゃんをエリックと重ねそうになるけど

ホリックはこの国で最初の罪人 エリックは 善人 善人って言い方はおかしいな?
救い、崇められた人物かな。


・先生の昔話

giftは当時、荒れ果てた小さな村から戦争の絶えない国へと発展した

ホリックはきっと、無実であるのに、
自らの意思ではないのに周りの人々を毒で脅かしてしまったんだ
そのまま捕らえられて殺されたんだな

ホリックは未練ありまくりの人生だった。
エリックを一人現世に置いてきてしまった。
悔やんで悔やんで、一人天国と地獄の間の時の隙間で
あの時どうすれば良かったのか、どうしたら救われるのか考え続け書き留めた。
それが様々な可能性を導く執筆者となる始まり

ホリックはこんなにも荒れたつまらない世界に飽き飽きとしていた。
自身の毒に感染した者の心に「闇」が芽生えた。
この者の闇の心をどうにか利用できないか。虚ろな瞳で下界を見つめていた
いつしかエリックも戦争に駆り出された

エリックは孤児院の一人の少年と仲良くなった
彼はまだ小さいのにも関わらず、親が毒で蝕まれ、亡くなったらしい。
エリックは彼の心の中に遺伝した僅かな闇を私のものだと気付いて接触しているのか?
そう深読みして後で聞いてみたが特に何も考えていなかったらしい

眩い光であるエリックに付き纏われてきた彼は
戦地でも大きな怪我をする事無くやり過ごせた。それはエリックによる光の加護だ。

私はエリックにさえ危害が及ばなけらばそれで良かったのだ。それで。

ある時、敵軍の弾丸から、エリックが彼を庇った。一瞬の出来事だった。
光といえど、エリックも現世に居る間は只の人の子。
少年はその場で泣き崩れ喚いたがその声は誰にも届かず、
撤退命令が出されエリックの亡骸はその場で冷たくなっていった

少年も私もどこにもやり場の無い怒りと悲しみをぶつける場所が無かったのだろう。
少年は心の中に残った闇の芽から大きな闇を生み出した。

毒は、闇という木から成る実だと思ってくれ。少年は自ら大きな樹を生み出してしまったんだ
張り裂けた胸から鉛筆で書き殴った様な真っ黒な樹と枝を

(おやおや、このままでは彼の身も永くは持たない。
私も暇をしていたし、この闇を利用する方法を考えていたんだ。)


光が強く照らす程、闇は濃くなってゆく

「戦え。その命ある限り君はまだ戦えるだろう?」

少年の闇に更に漬け込んで、怒りを利用して、駒にする。
その抱え込んだ膨大な闇は君自身が処理出来る様に、
全てを呑み込む宇宙を身体に埋め込もう。

「この腐りきった世界に逆らう覚悟はあるかい?」

真剣にこちらを見つめる彼の目を捉えて、一言
「……痛むよ」

少年はそれからどんなに苦しい事があっても、
辛い事があっても宇宙の彼方に感情を吹き飛ばしていました。
きっと其処は酷く冷たく息も出来ないだろうに。

それから少年は成年と呼ばれる程になるまで独りを選び、
ずっと自身の闇の活用法や医学の勉強に務めた。

私はただただ研究成果を横目に見ていた。
私が何もしなくとも彼は闇の原理や利用法を解剖してくれた。

ただ様子を見ているだけならば何もしていない様に見えたのだが。
彼は時の狭間に入り込んで過去へ遡ろうとしていた。それはこの世で最も禁句な行動だった。
だけれどもこの世に復讐しろと言ったのは私なのだ。
私に引き止める権利は無かった。いや、むしろこの頃は下敷きにされていたかな?

彼の長年の計画と野望は失敗に終わり、時の番人による「制裁」を受けた。
私は時の番人の姿を見る事も、制裁の内容も知る由も無かったのだ。
彼はこの現世で、永遠に不老不死、不死身となった。
その結果は今まで過去へ縋って未来を捨てた彼にとっては余りにも残酷で、思わず目を瞑った。

彼が全身全霊で投じた事は私の為にも彼の為にもならなかった。

私は彼のその結果を哀れんだ。まるで過去の私そのものを見ているようで心苦しくなった。
私は1冊の白紙の本を取り出し、禁断の魔術を掛けた。
彼が唯一、苦しまずに逝ける道。救いの道を綴り出した…

それが本編の「GIFT」だ。

私は既に肉体が滅んだ身だが、彼はまだ可能性に満ちていたからだ。
私の長年の願いを、エリックを救い、そして彼も苦しみから解放されるのならば。


禁断の魔術→この物語が"HAPPY END"にならない限り、世界を繰り返し続ける法則

それはそれで苦痛かも知れない。けれど永遠に終わりが無い世界を眺めているよりかは、きっと。
ソシャゲで目当てが来るまでリセマラする感覚だと思って()

ホリックには執筆した世界を具現化する力しか無い

本編の3冊は、…どう生み出したんだろうねえ。

ただそれ以外の物語は「具現化」と言っても夢を見せること。
現実に最も近い非現実
気付かなければ、覚めなければ其処はまるで現実の様に機能するから
闇の力を利用した悪夢が原材料ではあるが、きっと優しい夢も見られる。

本編以外の可能性は全てホリックが執筆した
天津神ちゃんの後書きでも、可能性の一つとして収納されるよ

国の住民自体が見る夢にホリックが執筆した可能性は映し出されない(テオは例外)

分岐した世界を飛び越えて体験する、見る事が出来るのはテオ
ホリックの本の読み漁りが出来る特権ですね(

ただ夢だと自覚せずに何度も記憶をリセットして先生に見せられ続けていた
(生きていると錯覚させられていた)だけで其処にテオの意思も記憶もない

ホリックはそこまでするか、とも思ったけれどエリックの魂だからつい甘やかすよね
幸せに生かす、生きるのが彼らの願いだから

光に限りなく近い神が闇に溺れる瞬間…

エリック(テオ)も闇になったし、結局還り着くのは闇なのかも知れませんね

「君には思い切りが足りないなぁ。以前感情を持ち切らなかったからかい?
此処は自由に表現していい世界。…遠慮なんかしなくていいんだよ」

ゲームだったら本当に最後の選択肢だろうな(ホリックと天津神ちゃんのお話とか本当に最後っぽい)
全てのストーリーを終えたものだけが見れる最終ルートだね

気付いたら消えちゃうよ
夢だと気付いたら、実体が無い事にも気付いてしまうから

きっと神として感覚が冴えすぎているから甘い毒が回り切る程弱くなかったんだな

ホリックもきっとこの子は毒に溺れる程やわじゃない、って解ってたんだろうなあ
けど自分はこうする事しか礼の形が出来ないから

おやぁ?こういうのあまり読まないのかな?初々しいねぇ~~
私は好きだぞぉ~?愛に性別は関係ない!可能性は無限大!!HAHAHAHA…★


リックさん天津神ちゃんにあげた毒薬はわざと薄めに作った説
夢が現実では無いと気付いた彼によって皆の目を醒まして欲しくて
この展開は醍醐味が無くなるだろうか…

にしてもホリックと白ちゃんが出会った頃はこの2人は永遠だと思っていて
(既に死んでいるからその先なんて無い)、
でも近い内に物語も、その2人すらも閉じられてゆくんだなあって思うと
短い後世だったな、尊い

ホリックは異端者によって本編のシナリオを乱されたくなかっただけで
いい子で、尚且可能性を秘めてる白ちゃんには優しくするよ

せんせぇは独占欲強いから白ちゃん見て「!?!?!?!?、!?」ってなるし
欲しい!!って思うし僕が空無を愛していなければこんな事に…って
罪悪感を感じて哀れんで欲しいしなんかそういうパラレル

白ちゃんはずっと(密かに)好きだったせんせぇと対面して
恥ずかしさと愛しさで思わず涙を流して欲しいし
先生は有無を言わさず白ちゃん抱きしめてほしい、
んで白ちゃんは自分(2さん)に嫉妬しちゃう

ちっちゃい白ちゃん愛でるせんせぇ
まるで僕と空無の子供みたいだね、って微笑んでくる
君がずっと叶えたかった事を叶えよう?って
こういう夢を白ちゃんが見た、でもいいし先生が見た、ってのも良い。
細かな場面とシチュエーションは考えない

親しみのあるような、心地よい夢の空間だったと、
ふと思いながら今日もまた薬屋へ足を運ぶ

白ちゃんの匂いってどんな感じだろう。死んでしまったから血の匂い、だろうか
普段ホリックさんのところにいるときはホリックが血の匂い消してるんだろうな、

床で眠ってるのに気付いてベットを用意してピッッて
人差し指振るだけで出てくる毛布掛けるホリック

ベッドとか大規模なものは紙に万年筆で絵を描いてふぅーって息吹きかけたら
絵だけがペリッとめくれてそれを指先でヒュッッてやったらその空間の中で実現化する


白の近いのに、触れ合ってるのに心は遥かに遠いこの感じ

ホリックは自分に出来る事で彼の心を 魂を安らげられるのならば、という感じ
ホリックは恋はしていない、けれど愛はある。
それは親心に似たような物かも知れないし、はたまた同情だけなのかも知れない。

恋愛する前に死んじゃったので、恋だの愛だのを知る由もなかった。
けれど死後も唯一関わる事の出来る者
エリックによって愛とは何たるものか、理解を深めていった

ただホリックはそれを限りなく限界に近い親愛までしか生み出せなかった。
自らの手では恋愛はままならない。
誇り高き光であるエリックに私の汚れた手で触れてしまっては曇りが出来てしまうから。
白ちゃんに触れれたのはきっと白ちゃんが光だけじゃない何かを持ちえていたから
(絶望、死の恐怖等)
ホリックは半分諦めた。この手でまた真っ白なものを黒に染めてしまう事。
後戻りは出来ない事。
それでも、この行為は、きっといつか永久の愛となって、無駄では無くなると信じて

エリックは物語が最初に戻る度に現世の生き物に転生して生涯を楽しむけれど、
もし死んでも「あーー!!終わっちゃったぁ(´・ω・`)次は何になろうかなー(*゚▽゚*)
(移り変わりが早い)ネズミ?コウモリ?ミミズ?石?」みたいなノリ

ホリックはそう急いで行かずともよかろう、とは思ってはいるんだけどね
エリックとホリックが同じ空間で居る期間は短い
英雄を亡くした先生の心の傷が塞がるまで物語を繰り返すのは一旦待ちます

リックはインクが掻き消えるように最期は消えてゆく、
その場には黒い塵が僅かに残って、白ちゃんは思わず無意識にそれを掴もうとして、
けれど手の内には何も残らない 脳裏には彼の最期の自然な微笑みだけが残っていて
右手には小瓶に入った毒薬

(私は、これからは、そうだな……君の思い描く未来、夢で…また逢おうじゃないか。)

エリックの様に人生を何度でもやり直せるのならば、 それが私の望みだった。
光と闇の輪廻が潰えた事でホリックはやっと自由の身になれた
白ちゃんが毒薬を飲んだとして眠った瞬間、その空間は綺麗に、そして優しく崩落する

giftの国はかつての英雄も光も闇も、何も残らず、何の後悔も無い平穏の姿を取り戻す
まっさらに戻った国を、ピアノやフォフテ、レントの不死身組が様子を見に来て、眺める
「此処も随分と質素な街になってしまったな」

ああ、本当は毒薬を飲んだら白ちゃんは残った魂も、精神的にも死ぬ事が出来る。
このままホリックが居ない空間を、世界を 彷徨い続ける事は苦ではないか。
と判断したホリックが白ちゃんを消滅させる事の出来る
(私たちと同じ夢《天国》に誘う)毒薬を手渡したのだと思う

飲まなければ、白ちゃんがそこに居る限り、ホリックの居た空間は残り続ける。
其処には積み重ねてきた数々の物語と、彼がいつも座っていたロッキングチェアしか無いのだ

ホリックは自ら今まで延々と積み重ねてきた物語を
全て白紙にして捨て去る覚悟が出来ていた

(愛しい人を私の毒で殺めてしまうなんて)
何気なく渡したけれど、心の奥底で泣いている



(白ちゃんが毒薬を飲んで夢の世界へ誘われた後、皆が幸せに過ごす世界)

死んで以来初めて実体として夢の中で存在してるから
アトリとか先生とか多方面にちょっかい掛けそうなホリック

何となくいつもの服じゃなくて黒のタートルネック着てるホリックが浮かんでくるんだけど
これ現パロの可能性??

先生がおいでーって手広げてもすんごい遠ざかる10mくらい遠ざかる白ちゃん
最初のうちは白ちゃんが元2さんとは気付いてないかも、けど雰囲気で後後気づく

先生「あの子は一体?以前giftにあんな子が居た覚えは無いのだけれど…」
ホリック「フフフ、私の隠し子…ですよ★」
ち、違、って言いかけたのに周りが隠し子かあって納得してる(

誰も居ない所でホリックが白ちゃんを抱き締めて、
「…此処まで来てくれて、本当に有難う」ってぼそっと言って、
白ちゃんはハッとするけどホリックがまたいつもの調子に戻って
他の子にちょっかいを出し始めるから、さっきのは…みたいな白ちゃん

2000-08-21 : オリカビ設定(設定語り) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

峰時くろみ

Author:峰時くろみ
峰時くろみだよ☆ウフフ☆えっとね、ウフ、擬人化ばっかりやってて全然原型描いてないの!あっこれ言っちゃ駄目だった☆ウフフ☆バイバーイ☆
新規でリンクを希望の際はサイトの方をリンクして頂けたらありがたいです
サイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。