こんな事しなくたって結局ホモがあればそれでいいんだろ?

くろみてぃ宅のオリカビ世界観の用語解説

原作要素皆無・厨二・完全な創作・擬人化視点など
クソみたいな要素が沢山あります気をつけてください。
自宅オリカビ紹介まとめはこっち(擬人化注意)
2014/04/19 仮設置 言葉選びが危うい
2015/02/14 何か増えた
2015/11/09 また何か増えた&その他加筆&修正


用語解説

HOMEGIFT
黄粉餅宿が舞台となり、空来が主人公の物語の名前がHOME。
別の国で繰り広げられるアトリが主人公の物語の名前がGIFT。
「HOME」は黄粉餅宿が皆の帰るところ。おうちだから。
「GIFT」は庭師さんの案です。Tの部分を〒で書きます。シャレオツ!

星が異なるわけでは無く、遠い地域、同じ星の上で起こった物語。GIFTはHOMEが完結した後の3年後の世界。
HOMEの世界は全体的に近代化が進み、魔法と科学が充実した世界。
GIFTの世界は科学の発展はまだで、連絡手段の主流が手紙という西洋の雰囲気の素朴で暖かい世界。

帽子による種族の違い この設定は廃止予定です
空来や夜魔のようなソードの先が二又に分かれたような二又帽子(私が勝手にそう呼んでいます)は庶民的。
戦いは好まず穏やかな性格で、武器を持たずに特殊的な攻撃方法で戦う。
クロムや蒼藍のようななんだか珍しい帽子は良いとこ育ち。豪華です。
フォルテやピアノのようなシルクハットはまさに貴族。気高き化け物。
アイフォスのようなハチマキは珍しい。めったに見ない。
涙のようなオリカビ伝統の四角帽子(私が勝手にry)はHOMEの世界では珍しい。
四角帽子や庇がついてる帽子はGIFTの世界では結構一般的。お洒落さん。
最近はとりいれる種類も増えてきたのであまり関係が無いかもしれません。

虹彩異色症
この世界では両目がそれぞれ違う色で生まれる事はそう珍しくは無い。
親から遺伝したり、あるいは怪我をして埋め込まれたり、成長と共に色が異なってきたり。

半獣
半分が獣であるのもそう珍しくは無い。
やっぱりその動物特有の何かが半分ある…気がする。

黄粉餅宿
ラスカがありったけの権力で建てのんびり経営している宿。7階建て。
一泊にそこまで料金は掛からない。
係員はラスカが独断と偏見で採用。
主に重い過去を持っていそうな一人ぼっちをひょいひょい拾い、住む代わりに働け!戦え!ホモになれ!。
係員は生活に困る事は無い。一応お給料は入るみたいです。
調理人、家事、世話係、遠方へ何かしに行ったり…そう堅苦しい事に縛られる事は無く
非常にアバウトで自由。副管理人はアイフォス。
食堂、喫茶店、図書館、音楽室、体育館、プール、貸し切り専用部屋… 中々にフリーダム。
住み着いてる方からすれば、宿というよりかは学校や寮に近い形。

その戦闘能力が高い住人を生かして、雫の国・ロゼの警察と連携しては事件に協力している。

魔力/武器
魔力はこの世界に生まれた者なら少なからずでも誰でも持っている力。(アイフォスは例外)
人によって特化した能力にはバラつきがある。種族、家系によっても使える物は異なってくる。
(空を飛ぶ事は出来ても、攻撃手段が無い、など)
水や炎を操ったり、肉体を強化して体術で戦ってみたり、何かを創りだしたり。案外自由だ。
武器の場合その者だけの魔力が具現化したもの。その武器を他人が使用する事は出来ない。
心が通っているパートナーなどには、魔力や一部の能力を貸す事が可能。

人外
此処で呼ぶ「人外」とは、天使、悪魔、吸血鬼、死神、妖精等の類を指す。

羽が生えている種族はそう少なくは無いが、見た目だけでは本物の「天使」や「悪魔」と見分けられる術は無い。
人間以外の種族は人間の心、食文化など理解し難い者が多い。人外は主に果物を好む傾向がある。
人間以外の種族である場合、魂は持たない。
ごくまれに人間と(人外のハーフとされる者が生まれた場合、魂と心、そして人外としての強い魔力を引き継ぐ。
国や地域によっては大きく差別したり、しなかったりの差が激しい。魔力は人間に比べ強力。
死神以外には寿命が実質存在しない。
フォルテは一応12万歳としていますが、人間と比べ者にはならない数字。
しかしGIFTの国の人外の平均寿命は200年程度。地域によって差があるのだろうか。
・天使
特に害を与える訳でも無く、人と共存し暮らしている。白の羽が特徴か。
人間に比べ心は鈍く感情が揺さぶられにくい。
堕天使の場合、邪悪な心が芽生え好戦的。
・悪魔
契約した者の願いを相手の生涯掛けて叶え、また魂を食べて生きている。
悪魔の羽があるかだけでは本物の悪魔であるか判断できない。瞳が赤くなり牙があれば相当か。
・吸血鬼
血や体液を吸って生きている。鏡に映らない。
人と愛し合えばその人間は不老不死になる。
フォルテの場合は一週間血を吸わない期間が空くと体が痺れて動かなくなる。
・死神
名も知らぬ主に従い生き物の魂を狩り彼岸へ送る為の存在。生き物の魂が透けて見える。
充分に働き、役目を終えると消滅してしまう。
妖精は妖精という種族が珍しがられるだけで他は人間と変わりない。

何らかの力が原因で突然変異、種族がコロッと変わってしまう事がごくまれにある。
その他で何か羽が生えていたとしてもそれは人間、一般人とされる。

魔女
永遠を彷徨い魔術を極める女性の事。
見た目とは裏腹に想像以上の年を重ねている。
調合薬の作り方や街の歴史を問う場合は魔女の住処を訪ねると良い。

人魚
かつて幸福の証として狩られた人魚は、現在ホーエ一人のみ。
並みの者では来れる事の無い暗い深海で、彼女は息を潜め待ち人を想い、漂う。

幽霊
その地にまだ思い残しのある魂が生前前の姿で過ごしていたりする。
自分の意思で現れたり消えたり出来る。
【ジャック】は影の力によって永遠の霊体を得ている。

契約
悪魔と契約した場合、何処かに契約印(フォルテならf、ピアノならp)が刻まれる。(夜魔、シャープ君が目に)
フォルテとピアノは変異を繰り返して今の状態に行き着いた化け物。途中経過の中に悪魔の種族が含まれている。
契約には愛の誓い、所有物である意味も含まれている。
悪魔が欲情・殺意が沸いた時などは契約印が刻まれた部分が薔薇の色に光る。共鳴する。
二人を引き離そうとしても拒絶反応が起こる。他者による解除はほぼ不可能。


神を信じる者が存在する世界。
神は人に宿るもの。神が宿った者は自分の中に神が存在しているという自覚がある。
幸運を呼ぶ神、災いを呼ぶ神。それは種類や考えられるものは様々。
その中でもアイフォスは後者、そしてとても強力なものにあたる。
数年は人間として何も差し控え無く過ごす事が出来る。
ただ日を跨いでいく度に神は人間の体に、心に侵食し始める。
災いの神は100年に一度。産み落とされた直後から殺されるのが今までの基本だった

遠い地域、GIFTの世界ではその者特有の「チカラ」を持つ者が小さな神としてぽつぽつと存在している。
→【切手】

切手/力(チカラ)
もっと分かりやすくてカッコイイ呼び方募集中。

「GIFT」の主人公、アトリはある日、突然空が割れる事件に巻き込まれる。
原因を追いつつ、各地の友人や出会う人々から力を借り、悪を倒す為の旅に出る。
固有能力を持った者と戦闘をし、勝てればその能力が1枚の切手として圧縮され、
アトリの帽子の飾りの切手に重なってゆく。
アトリはその得た力を、少しだけ使用可能になる。

炎の力/翼の力(アトリ)、潤の力(ホーエ)、緑の力(ゆず)、
彩の力(コルペ)、妖の力(ルチェ)、愛の力(エルカ)、影の力(ギター)、凍の力(トルア)、時の力(シオン)、
壊の力(デゼッタ)、操の力(リリア)、悟の力(ツヅル)、and more...
切手の絵柄はそれぞれのモチーフが描いてある。

超能力
この世界では希少な力とされる超能力。物を浮遊させたりするのは勿論の事、さまざまな事に使える。
純粋な超能力を持っているのは空来のみ。
扱いが難しく、意識していなくても勝手に人の心が見えてしまったり、過去や未来が覗けてしまう。
空来は幼少の頃その件で深く傷付き心を閉ざしていた。
高度な力が使えるようになると周りの空間把握が可能になったり、記憶を消してしまう事も出来る


闇は恐ろしくも魅力的な力。通常の者が持っている魔力とは桁違いの威力、強さを持つ。
現在の守護者は「先生」。
生まれつき闇にとりつかれていたり、また負の心から生まれたり、罪を犯して手にしてしまったり。
闇は縮んだ心の闇から生まれ自然と蓄積していく。溜まり過ぎると精神的異常を起こす。
扱い方を間違えれば一瞬で闇に呑まれてしまう。
定期的に戦闘をしてみたり、利用して発散する事が必要。
現地点で闇の力が宿っているのはレイド、先生、テオ。


光は常人では決して手にする事の出来ない神聖な力。現在の守護者は「セムナ」。
通常の者の持つ回復力、再生力とは桁違いの魔力を持つ。
光は人を照らし、導き出す者。
元は闇の存在、そして国を支える為に創られたものだが、
戦争に敗戦し、当時王女であった彼女は力が底を尽き役割を失ってしまった。
"光"の力の守護者であっても"闇"を完全に消し去る事は出来ない。
光も闇も、互いの存在無しでは力が沸く事は無い。
GIFTの国では光も闇も共存してこの世界は出来ている、という宗教。

なお、光と闇の「守護者」と「先行者」は別物。
先行者は、この世で一番初めに光と闇の主として選ばれ、産み落とされた者。
光の先行者は「エリック」。闇の先行者は「ホリック」。


この世は全て輪廻転生で成り立っている。
天使/悪魔/吸血鬼/死神/魔女/人魚等、神では無い者に造られた者は魂を持たないが、極たまに例外も有り。
宿主とは違う自らの意思を持つ魂、前世の記憶が刻まれた魂も存在する。
"闇"と"光"の守護者の主の魂は何度も使い廻され、固定されている。
その永遠の呪縛を断ち切れる日は来るのだろうか。


人の胸の中で動く不思議な臓器。其処には何も無いのに痛んだり揺れたりするもの。
また、感情の原動力。
人の形をした化け物はそれを持たない。
だが、人に触れた事により生んでしまうケースも少なくは無い。
時には満たされ、時には穴が空く。
生まれた時から心を持つ人間でも最期まで不可解な存在

物語【シナリオ】
何千年も前に書き記されたこの世界のルール、法則。
その古びた本には"彼"と"彼等"のこれから必然的に歩むべき道が標されている。
ストーリーは現在進行形で書き換えられては、書き加えられている。
終わりを迎えたらもう1回、納得出来なかったらまたもう1回。
"彼"の理想のエンドに辿り着けるまで、その物語は永遠に語り継がれる。
もし内容を"彼"以外の誰かが目にしてしまった場合、この世界から消されてしまうという。

英雄/悪役
HOMEとGIFT、2つの物語の主人公の存在とその対になる者の別称。
空来アイフォスアトリ先生
創られた物語の上で英雄と悪役は対峙する運命にある。ENDは自由な方法で、全て彼らの手で。
英雄は太陽。周りの者は皆、英雄の気高さに惹かれる事となる。
悪役は魔王。ただただその強さによって崇められる存在。
二人の軌跡は永遠に語り継がれる事となる。

紫陽花
誰かが最も愛した花の名前、またその物。
大切な人から贈られた紫陽花の髪飾りを、大事に、幸せそうに付ける姿がある。
花言葉は「移り気」「辛抱強い愛情」「無情」「浮気」「変節」「あなたは美しいが冷淡だ」。

紫苑の花束
誰かからの深い感謝の気持ちが伴った紫苑の花の束。
6月の梅雨に濡れ、風に揺れている。
花言葉は「優美、繊細」「愛の象徴」「追憶」「貴方を忘れない」「遠方にある人を思う」。


夢とは、現実に限りなく近い非現実。 または願う物。叶える物。
不思議な夢を見る者が一人居る。その者は「もし、」という平行世界を行き来するらしい。
ただ、違う世界線に飛んで行く度、記憶は薄れ、
自分が何者であったのか、何をしたくて世界を彷徨うのか。
一つだけ確かに覚えている事は、あの人に逢わなければならない事。

毒薬の小瓶
終焉の時を刻みつつある、崩れかけの白の世界で渡された、
誰かの様々な想いがこもった毒瓶。
飲み干すべきか、飲まないべきか、決めかねる旅人の姿が揺らめく。

Gift
「Gift」は、ドイツ語で毒の事を指す。
毒は人の心に感染する。免疫がなければ時には身体をも蝕む。次第に「闇」となる。
「小さな贈り物を全ての者に、平等に。 例えそれが毒薬だとしても」
終焉を迎えた頃、悲しみの青は甘い毒に蝕まれ、二度と苦しむ事無く、永久の夢をみる。


国 (気に食わないのでこれから名前を変える率高)
載せたの以外でもまだある…んだ。多分

雫の国・ロゼ
空来、アイフォスの出身地。西洋の雰囲気で中心には華やかな街がある。水源が豊富。
街から外れ田舎となると少し治安が悪い。

闇の国・ルーン
レイド・レイル、夜魔・斬夜、ジョーカー等の出身地。クロムはこの国の姫。
常に夜のまま太陽が昇らず、月は赤い。部外者の侵入は許されない。
景気が悪く、人生を勝ち取った者と敗れた者の差が激しい。

天空の国・メルノス
天空に存在する国。ラスカ、サクラ、チコ等の天使・妖精族が主に暮らしている。
悪魔など、害のある者は追い払う。一般人が来る事はほぼ不可能

自然の国・ナトーラ
ラスカがありったけの権力で森を開拓した国。小さな国ではあるが全体が黄粉餅宿の敷地。
自然がそのまま取り残されていて、湖、林、花畑など美しい景色も。観光狙い。


書き方がヘタクソ…痛くてすいません。適当な時に増えます
2000-04-19 : オリカビ設定(世界観/用語解説) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

峰時くろみ

Author:峰時くろみ
峰時くろみだよ☆ウフフ☆えっとね、ウフ、擬人化ばっかりやってて全然原型描いてないの!あっこれ言っちゃ駄目だった☆ウフフ☆バイバーイ☆
新規でリンクを希望の際はサイトの方をリンクして頂けたらありがたいです
サイト